4Minute、スクリレックス参加の新曲「Hate」MV公開

(UPDATE )

1年ぶりの新作EP『ACT.7』2月1日正午リリース

4MINUTE(포미닛) – 싫어(Hate) MV

5人組ガールズグループ、4Minute(포미닛)の約1年ぶりとなる新作EP『ACT.7』が2月1日正午にリリースされ、同時にタイトル曲「싫어(Hate)」のMVが公開されました。
「Hate」はアメリカ人ミュージシャンのスクリレックスが共同制作で参加していることでも注目されていた楽曲。
いかにも~なHIP HOP EDMになっています。

スクリレックス(Skrillex)はロサンゼルス出身のエレクトロニック~ダンスミュージックの音楽家/DJ。ダブステップ(ブロステップ)と呼ばれるジャンルを世界的に広めた人です。様々な有名アーティストの作品やREMIXも手がけており、世界の音楽シーンに大きな影響を与え続けています。K-POPファンにも、BIG BANGのG-Dragonや2NE1のCLをフィーチャリングした作品で知っている方もいるかもしれません。
スクリレックス – Wikipedia

ロンドン発のダークなダンスミュージックだったダブステップを、より派手に、騒がしく発展させたものがブロステップ、らしいです。その第一人者がスクリレックス。

先行のティーザーイメージなどから、さぞかし攻撃的な音でカムバックしてくるのだろうと思ったら、イントロから美しいピアノが響くバラード調で、一瞬「んんん!?」となりますが、すぐにビートとワブルベース(ゥヴァゥヴァゥヴァゥ…みたいなダブステップに特徴的な重低音のベースが唸ってるようなアレです)が入ってきて、なるほど納得の展開。
前作「CRAZY」で取り入れていたトラップ(HIP HOPのジャンルの一種)的な要素もそのまま引き継いでる感じ。

2曲目「NO LOVE」は柔らかい音色のシンセに包み込まれる感じのメロウなR&B。細かいビートが入ってきてサビで音がくっきりシャープになるのが面白いです。
3曲目「BLIND」は広がりのある電子音空間にダブステップ的なビートが入ってきて淡々と進んでいきます。哀愁系の美しいメロディ。
4曲目「CANVAS」はヒョナの昨年のソロ曲「Roll Deep」でも取り入れられていたラチェット・ヒップホップと呼ばれるスタイル。重々しいビートにエキゾチックなフレーズが絡みます。
5曲目に「HATE」のインストver.が入っています。

もっと楽しみたい方へ…関連作品のご紹介

実際どの辺がスクリレックスっぽさなの?という方のために、彼の代表作品をいくつかピックアップ。なんとなく、4Minute「Hate」に繋がる音の傾向がわかると思います。

SKRILLEX – Scary Monsters And Nice Sprites

一番の代表曲といえばこれ。美しい電子音が奏でるメロディーからいきなり重低音のワブルベースやノイジーなサンプリングに襲われる感じ「これぞ!」という作風です。

Jack Ü – Take Ü There feat. Kiesza [OFFICIAL VIDEO]

スクリレックスが、これまた世界的に活躍するアメリカ人DJ/プロデューサー/ミュージシャンのディプロと組んだユニット、Jack Üのヒット曲。トラップを取り入れているので、むしろ4Minuteの前作「CRAZY」に通じる流れ。

Skrillex – Dirty Vibe with Diplo, CL, & G-Dragon (OFFICIAL VIDEO)

CLとG-Dragonをフィーチャした「Dirty Vibe」。こちらもトラップ調。もともとスクリレックスはK-POPが好きだったそうです。

もっともっと楽しみたい方へ…おまけ

4MINUTE – 미쳐(Crazy)

K-POPは今やアジア諸国のみならず、南米などでも人気があり、4Minuteは昨年秋にペルー、チリ、アルゼンチンをめぐる南米ツアーを開催しました。
4MINUTE | CRAZY ( FAN BASH TOUR 2015 – ARGENTINA ) – YouTube
盛り上がり凄い…!

そんなわけで、今や音楽は国境を超えて相互に影響しあう時代ですので、4Minuteに影響を受けた南米のアーティスト、なんてのが出てきてもおかしくない…はず!

実際の関係はわかりませんし、偶然それぞれ例えばアメリカの同じような音楽に影響受けていて、結果的に似たものができた、というパターンもあり得るわけですが、個人的に最近「なんとなく4Minute感ある!」と思った作品があったのでついでにご紹介。
あくまで、「もしかして?」「そうだったらいいな」レベルのネタとしてお楽しみ下さいませ。

Banda Uó – Dá1LIKE feat. Karol Conka

ブラジルのバンド、Banda Uóの昨年秋に発表された「Dá1LIKE」 のMV。ベースミュージック調なのですが、イントロとかドロップ部分への展開、かなり「CRAZY」感!

Bang (Clipe Oficial) – Anitta

ブラジルの人気ファンキ歌手アニッタの「Bang」。こちらはMVが「CRAZY」感。これはYouTubeでも比較動画がいくつも上がってたりして現地でも話題になってる模様。

というわけでワールドミュージックは楽しいなー、というお話でした。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets