香港インディーポップの至宝 my little airport のこと

(UPDATE )

my little airportについて

from “適婚的年齡”(2014)

2001年に結成された香港の男女デュオ、マイ・リトル・エアポート(my little airport)。
作詞・作曲を手がける阿P(Ah P/Lam Pang)と、シンガーのニコル(Nicole Au Kin-ying)の二人組です。

2004年にデビューアルバム『在動物園散步才是正經事(the ok thing to do on sunday afternoon is to toddle in the zoo)』を発売。
2007年にはスペインのレーベル「Elefant Records」からCDが発売され、世界中のインディー・ポップ好きの間で話題になりました。

香港のベル・アンド・セバスチャン!?

・・・なんて呼ばれたことも。

繊細でどこか切なく儚げな曲たち。
ギターと、カシオトーンと、チープなリズムと、etc…手作り感あふれる演奏。
中国語(広東語)と英語、さらにフランス語までが自然に融け合った歌詞の響き。

阿Pの書く歌詞は、タイトルだけ見てもかなり独特であることが窺えます(長い曲名が多い!)が、実際、社会風刺などの辛辣な内容のものが多いそう。

最新アルバム『適婚的年齡』が出ました

2014年10月に最新アルバム『適婚的年齡』をリリース。
いつもながら素晴らしいジャケットデザインの15曲入り。

from “適婚的年齡”(2014)

Elefant Records版も含めてこれまでに8枚のアルバムが発売されています。
どれも可愛くて雰囲気のある写真を使った、素敵なパッケージです。

最後に1stアルバムタイトル曲のライブ映像をどうぞ。
ピアノとボーカルと手拍子のみによる素晴らしいパフォーマンスです。

関連リンク:
my little airport
my little airport(Facebook)

Popular Posts

Latest Posts

Tweets