Alsarah & The Nubatones『Manara』~ハルツーム×ブルックリン!新感覚の東アフリカ発レトロポップ

2年ぶりのニューアルバムをリリース

Alsarah & The Nubatones – Ya Watan [OFFICIAL VIDEO]

スーダン出身で現在はニューヨークを拠点に活動する女性シンガー Alsarah(アルサラー)率いる Alsarah & The Nubatones(ザ・ヌバトーンズ)のニュー・アルバム『Manara(マナラ/灯台)』が9月30日にリリースされました。

北東アフリカの古き良き大衆音楽の要素と、現代的・都会的な洗練されたサウンドが融合した素敵な作品になっています。
Alsarahは自分たちの音楽性を「東アフリカのレトロポップ(East African retropop)」と呼んでいるそう。

AppleMusicでの配信もスタートしています。

Alsarahについて

Alsarahは1982年にスーダンのハルツームに生まれ、8歳になった時に当時の圧政から逃れるため家族でイエメンに移住。
1994年にはイエメンで内戦が勃発したため、一家はさらにアメリカへと移住することになり、そこでAlsarahは音楽に目覚めます。
マサチューセッツの大学で民族音楽学を学びながら、アラビア語で歌い始めたAlsarahは、ザンジバル出身のバンド Sound of Taraabに参加し、本格的に音楽活動を開始。

2013年のフランスのアーティスト Débruitと共演したアルバム『Aljawal』が、故郷スーダンの伝統音楽に現代的なサウンドを融合させて話題となり、彼女の名が広く世に知られるきっかけになりました。

Débruit & Alsarah – Jibal Alnuba – ٥. جبال النوبة

The Nubatonesについて

The Nubatones(ザ・ヌバトーンズ)は Alsarahが2010年に様々な国籍のメンバーを集めて結成したバンドです。
ヌビア(Nubia:南エジプトからスーダンにかけてのナイル川周辺地域のこと)に住むヌバ人(Nuba)の音楽をベースに、多国籍メンバーによる演奏で新しい感覚を生み出しています。
現在のメンバーは、Alsarahの妹である Nahid Abunama-Elgadi(ボーカル)、アメリカ人の Brandon Terzic(ウード)、トーゴ出身の Mauwena Kodjovi(ベース)、エジプト系アメリカ人の Rami El Aasser(パーカッション)。

2014年にファーストアルバム『Silt』とREMIXを収録したEP『Soukura』をリリースし、今回の『Manara』が約2年ぶりの新作となります。

Alsarah & The Nubatones – Soukura [Official Music Video]

1st『Silt』収録曲「Soukura」。

Alsarah & The Nubatones – Habibi Taal [OFFICIAL VIDEO]

同じくファーストアルバムより「Habibi Taal」。

ライブ映像もどうぞ

Alsarah & The Nubatones • Live @ Nova

フランスのラジオ局Radio Novaでのスタジオライブ映像。「Rennat」、「Nuba Noutou」、「Habibi Taal」の3曲(全て『Silt』収録曲)が披露されています。

Habibi Taal – Alsarah & The Nubatones – Juke Train 106

駅のホームや電車の中など、鉄道に関する場所でミュージシャンに演奏してもらうという素敵すぎるコンセプトの音楽映像制作チャンネル「JUKE TRAIN」でのライブ映像。最高なのでもう1曲。

Fugu – Alsarah & The Nubatones – Juke Train 107

Alsarah & The Nubatonesは現在ヨーロッパ各国をツアー中です。

14333121_1182824888430034_7059836193685539178_n

IMAGE:© Wonderwheel Recordings|Facebook

Popular Posts

Latest Posts

Tweets