Block B パクキョンの才能が止まらない!新曲「YESTERDAY」とソロEP『NOTEBOOK』

ラリラリララッと新時代

블락비 (Block B) – YESTERDAY MV

普段あまりボーイズグループの作品は紹介しないMUMUMAGですが、Block Bの新曲が最高なのでこれは騒がざるを得ない…ということで。
7人組ボーイズグループ Block B(블락비/ブロックビー)の約10ヶ月ぶりとなる新曲「YESTERDAY」が2月6日にリリースされました。

リーダーのZICO(ジコ)の圧倒的なセンスと才能を軸に、前作『Blooming Period』では、やんちゃなワルガキ路線からクールな大人スタイルへの成長を遂げたBlock Bですが、今回は一気にポップでロックでカラフルな方向に弾けてます。
これはまたどうしたこと!?と思ったら…今回の作曲&プロデュースはパクキョン

パクキョンといえば、昨年はGFRIENDのウナをフィーチャリングした「自責の念」でもそのポップセンスあふれる魅力で幅広い音楽ファンの注目を集め、先月リリースしたファーストミニアルバム『NOTEBOOK』もジャジーでおしゃれなテイスト満載のそれはそれは素敵な作品で…これはもう、2017年はパクキョンの時代に…とか思ってたらさらにこれですよ! さすがさすが!

というわけで、Block Bの「YESTERDAY」、パクキョンの『NOTEBOOK』、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

Block B「YESTERDAY」について

Block Bの「YESTERDAY」は、公式コメントでは「シャッフルのリズムをベースにしたオルタナティブパンクスタイル」と紹介されています。
個人的には、カラフルなMVの楽しさも含めて、これはブリットポップ!という第一印象(さらにイギー・ポップ!という第二印象)。

ブリットポップ(Britpop)は1990年代にイギリスで巻き起こった音楽ムーブメントで、古きよき英国ロック&ポップス(60年代のビートルズやスウィンギング・ロンドン、70年代のグラムロックからロンドン・パンクまでetc…)の影響を強く受けたバンドが次々と登場し、ファッションなども含めて社会現象的に大きく盛り上がった時期(およびその時期に登場したバンドの音楽性を表すジャンル)のこと。
その雰囲気を1曲で説明するなら…こちら。
Blur – Parklife (HD) – YouTube

イギー・ポップ(Iggy Pop)はアメリカの超偉大なパンクロッカーですが、デヴィッド・ボウイとの関係が深かったり、90年代のイギリス映画「トレインスポッティング」で楽曲が象徴的に使われたり、UKロックに与えた影響もとにかくでかい人。
「YESTERDAY」に近い路線だと、この辺。若干オマージュ入ってるかも。
Iggy Pop – Passenger (Live at the Royal Albert Hall) – YouTube

作詞はパクキョンとZICOの共作で、作曲はパクキョンのほか、キーボードで演奏にも参加しているSCOREとMegatoneが参加(SCOREとMegatoneは「自責の念」の編曲もしています)。
ギターとベースにも演奏者名がクレジットされており(ギター:정수완、ベース:김병석)、しっかりロックしたサウンドになっています。

6日午前0時にリリースされた「YESTERDAY」は、その日の朝の時点で6つの主要音源チャートで1位を記録。
ジコもパクキョンの才能を称賛し、次のアルバムのプロデュースもパクキョンに任せるかも、みたいなことまで言ってるという。まじかい…。

日本でもAppleMusicでの配信がスタートしています。

また、「YESTERDAY」は3月29日に日本でも5thシングルとしてリリースされることが決定。すでに日本語バージョンのMVも公開されています。

詳細はこちら:
Block B JAPAN OFFICIAL SITE
Block B – Yesterday(Japanese ver.) Official Music Video Full
楽曲情報参考・クレジット出典:
[Mnet] YESTERDAY – 블락비(Block B)

パクキョン 1stミニアルバム『NOTEBOOK』について

1月17日にリリースされたパクキョン(박경/Park Kyung)の1stミニアルバム『NOTEBOOK』は、パクキョンのこれまでのソロ作品を1枚にまとめたアルバムであると同時に、2015年のソロデビュー曲「普通の恋愛(보통연애)feat.パク・ボラム」、2016年の「自責の念(자격지심)feat.ウナ of GFRIEND」から続く『恋愛三部作』の完結編となる作品。
「普通の恋愛」、「自責の念」のほか、ジャズを取り入れたタイトル曲「君の前で僕は(너 앞에서 나는)」と、『恋愛三部作』の終わりとなる別れを歌ったダブルタイトル曲「残像(잔상)」の2曲の新曲に、2013年にミックステープで公開していた曲のリメイクで、2016年12月にデジタルシングルとして先行リリースされていた「オグルオグル(오글오글)」を加えた全5曲が収録されています。

박경 (Park Kyung) – 너 앞에서 나는 (When I’m with you) (Feat. 브라더수 (Brother Su)) MV

タイトル曲「君の前で僕は」はクリスマス的な雰囲気も漂うおしゃれなジャズボーカルスタイル。粋の極みです。
フィーチャリングされている Brother SuはSTARSHIP所属のR&B系シンガーソングライター(メガネの人)。

박경 (Kyung Park) – 보통연애 (Ordinary Love) (Feat. 박보람) MV

ソロデビュー曲の「普通の恋愛」では「スーパースターK2」出身の人気女性歌手パク・ボラムをフィーチャー。すでにあふれ出るセンスの良さ。

박경(PARK KYUNG) – 자격지심(Inferiority complex) (feat. 은하 of 여자친구) Official Music Video

何度聴いても素晴らしい「自責の念」。ウナちゃんの声の魅力も完璧に生かしたGJすぎる仕上がり!

박경 (Park Kyung) – 오글오글 (OgeulOgeul)

オグルオグル(오글오글)」は韓国語の擬態語で「照れくさくてむずむずする」みたいな感じの意味だそう。ジャズギター風のトラックに乗せたHIPHOPで、これまたおしゃれ。

[Mnet Present] 박경(Park Kyung)_잔상 (Feat.윤현상)

残像」はMnetでアルバムリリース時にライブ配信されたスタジオライブ映像が公開されています。男性歌手ユン・ヒョンサン(윤현상)のボーカルをフィーチャーした染みるアコースティックバラード。

ライブ配信全編のアーカイブはこちら。オープニングにはウナちゃんも参加してバンド演奏をバックに「自責の念」を披露(最高!)。後半にはZICOも登場します。
[Mnet Present] Park Kyung’s first MINI Album ‘NOTEBOOK’ 박경의 첫번째 솔로앨범 노트북 대 공개 – YouTube

というわけで、全曲パクキョン自身の作詞・作曲・プロデュースで、全曲素晴らしいという、間違いのない名作です。
バンド演奏主体(電子楽器&プログラミング少なめ)のサウンドで全体に統一感があるのも◎。
時代や流行に関係なく、ずっと長く愛聴できるアルバムだと思います。是非!

CDでも出てます!
パクキョン (Block B) : 1stミニアルバム – Notebook (韓国盤)

楽曲情報参考・クレジット出典:
[Mnet] 박경 1st MINI ALBUM NOTEBOOK – 박경(블락비)

パクキョンのプロフィール

170118

A photo posted by KYUNG PARK (@qkrrud78) on

パクキョン(Park Kyung)

  • 本名:박경(パク・キョン/朴經)
  • 誕生日:1992年7月8日
  • 血液型:B型

Block Bのリードラッパー。ZICOとは小・中学校の同級生だったそう。
子供の頃から頭がよく、現在もテレビ番組などで頭脳派ぶりを発揮。
ニックネームはキュウリ(오이)…。顔が長いから…。

ガールズグループでは最近APRILが好きらしいです。誰推しか気になるね…。

プロフィール情報参考・出典:박경 – 나무위키

Popular Posts

Latest Posts

Tweets