EXID 新曲はHOTでPINKなオールドスクール・ヒップホップ

(UPDATE )

PUSH! PUSH! WORK IT OUT!

[EXID(이엑스아이디)] HOT PINK 핫핑크 Music Video

11月18日に韓国の5人組ガールズグループEXID(イーエックスアイディー/이엑스아이디)の新曲「HOT PINK」がリリースされました。

セクシー系グループとして大人気のEXID、今回のMVも意味深な演出満載で、クスリ?売春?…いろんな解釈が出来そうな映像になっています。
とりあえず何やらワルいコト(笑)をしているのは間違いないようですね。

作詞・作曲は、大ヒットした「UP&DOWN」「AH YEAH」に引き続き、メンバーでラップ担当のLE(エリー)と、プロデューサーのシンサドンホレンイ、ボミナンイの共同制作になっています。

音楽面でのコンセプトはオールドスクールなヒップホップ。

オールドスクール・ヒップホップとは、1970~1980年代にかけてニューヨークで誕生した最初期のヒップホップ(とその文化)を表す言葉。音楽的な特徴を無理やり簡単に一言で説明するなら、「ブレイクビーツ」と呼ばれる、昔のファンクやディスコのレコードのリズム部分をサンプリングして作られた伴奏と、タフでマッチョなパーティー感あるラップ、という感じ。ラップの歴史がまだ浅い頃のスタイルなので、最近のヒップホップに比べると、まだまだ歌やしゃべり、掛け声みたいな雰囲気が残っています。

イントロからストリート感あふれる金属打楽器(アゴゴ)の音色が印象的です。
全体のサウンドも1970~80年代に作られたアナログ楽器を使って編曲されているそう。

気合いの入った男性ボイスの「PUSH! PUSH! WORK IT OUT!」もいかにもな感じ。
そんなオールドスクールのテイストをベースに、「UP&DOWN」「AH YEAH」で確立したEXIDならではの曲構成に組み上げた作品になっています。
LEのラップとハニのヴォーカルで曲の雰囲気を作って盛り上げたところで、ひたすらキャッチーでエモいサビをソルジとヘリンが歌い上げ、合間にジョンファが可愛さを挟み込む。
グループ内での役割がはっきりわかりやすいのが良いですね。初心者でもメンバーを覚えやすいし、そういうところも人気の理由にあるかも!

ビジュアル的にはセクシー路線から、よりガールクラッシュ(女性が憧れる女性)的な雰囲気が強まった印象です。

楽曲情報参考:[Mnet] HOT PINK – EXID

ジャケット怖いよ…(笑)

※これまでの活動とメンバープロフィールは別記事に移動しました。
→EXID メンバープロフィールとこれまでのあゆみ

Popular Posts

Latest Posts

Tweets