Google Play Musicが日本でもサービス開始!早速使ってみました

(UPDATE )

ETC

世界の3500万曲が聴き放題

ようこそ Google Play Music へ。

2015年9月3日、グーグルによる音楽配信サービス「Google Play ミュージック」が、日本国内向けにサービスを提供開始しました。

定額制の聴き放題形式で、AndroidおよびiOS搭載のスマートフォン、タブレットでアプリから利用できる他、PCのウェブブラウザで利用可能。
Google Playのエキスパートが厳選したプレイリストや、利用者の好みを学習してレコメンドの精度が上がっていく機能など、Apple Musicと似た雰囲気。

ポイントは以下の3点でしょうか。

月額制のサブスクリプションサービスにご登録いただくと、国内外のメジャーおよびインディーズの音楽レーベルが提供する 3500 万曲以上の豊富なラインナップに、お持ちのすべての端末から無制限にアクセスすることができます。

CDや iTunes などで購入したお持ちの音楽を無料で 5 万曲までクラウドに保存できる機能

サブスクリプションサービスは月額 980 円でお使いいただけます。登録後の最初の 30 日間は無料でお試しください。また、2015年10月18日までにお申込みいただくと、月額 780 円が適用となる特別プランをご用意しました。

自分の手持ちの曲をクラウドに保存して、「Google Play Music」アプリでシームレスに聴ける、というのはApple Musicの「iCloudミュージックライブラリ」と同じような機能になりますが、「iCloud~」が、マッチングのエラー(ジャケット画像が別アーティストのものになったり、曲まで別のものに置き換わったり、スタジオバージョンとライブバージョンが入れ替わってたり…)が多かったり、勝手にDRMが付与されたりと、いまいちな部分も多いですので、その辺「Google~」ではどうなるのか、期待したいところ。

料金も、早めに登録すると以後ずっと月額780円が適応されるとのことで、これは考えましたね。

とりあえず使ってみようと思います。

Android(Google Playストア)
iOS(App Store)
PC版はこちら

Google Play Musicの利用方法

「Google Play Music」を利用するには、まず登録が必要です。
お試し期間は無料ですが、Apple Musicと同様、先に月額登録をしてから利用開始(途中で解約も可能)、という流れです。

Android

アプリをインストールして起動すると、オレンジ色の利用案内画面が表示されます。

Screenshot_2015-09-03-18-20-58

Googleアカウントでログインして、「定期購入」から支払情報(クレジットやコード)を入力します。

iOS

アプリをインストールして起動すると…なんということでしょう、「ご利用いただくにはGoogle Playミュージックアカウントが必要です」というメッセージが表示されます。

IMG_0701

妙に可愛い画面!
そして他には何の説明も無し!
「Google Playミュージックアカウント」とは一体!?取得方法は!?

というわけで、筆者は結局、PC版サイトから月額購入の登録をしました。
登録完了したアカウントで再びiOSの「Google Playミュージック」アプリを起動すると、利用可能な状態になっていました。
ううむ…iOSユーザーにはちょっとわかりにくいかも。

PCサイト

こちらはわかりやすいです。

gpmpc

Google Play Musicのサイトを開くと、紹介動画などの案内と「使ってみる」というボタンがありますので、そこから入って支払情報(クレジットやコード)を入力すれば完了です。

登録完了したらすぐに音楽を聴くことができますが、Apple Musicのように好きなジャンルやアーティストを選択するメニューも用意されていますので、好みに応じて活用しましょう。

インターフェイスはいかにもGoogleっぽい、フラットで余白の広いデザイン。
アーティストのイメージやジャケットの画像が、他社サービスに比べてかなり大きめ。
そのため、iPhone5s以前の画面サイズだと、ちょっと一画面あたりの情報表示量が少なく感じてしまうかも。

動作はウェブブラウザ版、アプリ版ともに、かなり軽くて快適。
再生ボタンを押してから音が流れだすまでの時間も早いです(この点についてはApple Musicが他社より極端に遅い印象)。

気になるワールドミュージックの充実度は?

当サイトはワールドミュージックのサイトですので、ワールドミュージック系に絞って書きます。
(一応、邦楽・J-POP・アニソンなどに関してはApple Musicよりも充実しているという噂…)

とりあえず気になるところをいろいろと検索してみた結果、ワールドミュージックに関しては、「Apple Musicのほうが充実している」という印象です。

例えばK-POPだったら、Apple Musicには入ってるワンダーガールズの新譜も、この前デビューしたAprilも、「Google Play Music」には入っていません。
インドネシアの若手ダンドゥット系のCita CitataやZaskiaなども、Apple Musicでは聴けますが、「Google~」では未配信。

それでも、少なくとも国内のAWA、LINE MUSICに比べると遥かにいろいろ入っていますし、「Apple Musicに無くてGoogle Play Musicには入ってる」というものもありますので、値段と使い勝手次第では十分に楽しめそう。
南米やヨーロッパものに関しては、わりと同程度に充実している気はします。

Apple Musicでは未配信の、コロンビアのMonsieur Perineのアルバムが聴けるのは嬉しい!

perine

あと、厄介なのは、さすがGoogleのデータベースと言うべきか、楽曲未配信のアーティストでも、アーティスト情報だけはしっかり検索結果に出てきたりするのはちょっと…。
「お!入ってる!」と思ってクリックすると聴ける作品はゼロ、というがっかり状況を生み出すので、改善してほしいところ。

まだまだほんの少ししか触れていませんので、これからしばらく使ってみて、また発見があれば情報更新いたします。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets