【ブラジル】トロピカルで踊れる音響ギターバンドHOLGERの新作が気持ち良い

涼し気なエコー…

Holger – Despedida (Lyric Video)

ブラジル、サンパウロのバンドHOLGERの4曲入り新作EP『Sexualidade e Repressão』が3月11日にリリースされています。

HOLGERは2006年に結成されたロック・バンドで、トロピカルで音響的なギターサウンドとブラジルのリズムが融合した、独特の浮遊感のある音楽性が特徴。
ブラジルらしい”いいメロディー”も満載で、シャウトしないソフトなヴォーカルもサウンドにマッチしています。
初期はもっといかにもインディー・ロック然とした、ドタバタしたドラムにかき鳴らし轟音ギター、みたいな曲もありましたが(それはそれでかっこいい)、近年の作品はより踊れるリズムとポストロック的な要素が強化され、南国感が強くなっています。

新作『Sexualidade e Repressão(セクシュアリティと弾圧)』では、いよいよ静けさ方面に向かった感じ、というか、静けさの中に音要素を並べて聴かせるような、隙間とエコーを生かしたサウンドになっており、これからの季節にもぴったりの気持ちよさ。

ブラジル音楽好きはもちろん、ポストロック好き、また80年代のラテンファンク系ニューウェーブなどが好きな人にもおすすめです。

AppleMusicでも聴けます。

HOLGERは2008年にファーストEP『GREEN VALLEY』を発表。その後、『SUNGA』(2010年)、『ILHABELA』(2012年)、『HOLGER』(2014年)の3枚のフルアルバムを発表しています。

「HOLGER」の読みは、英語風に「ホルガー」と読みたいところですが、現地での発音だと「ホウゲル」みたいな感じ。

Holger no Cultura Livre ©Cultura Livre

ライブでの演奏も凄く面白いので是非。ブラジルのテレビ局「TV Cultura」でのライブ映像です。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets