今月の少女 JinSoul ~青い夜のFuture Bass「Singing in the Rain」

深まってゆく秘密は雨に濡れ

[MV] 이달의 소녀/진솔 (LOONA/JinSoul) “Singing in the Rain”

今月の少女(이달의 소녀/LOONA)のメンバー JinSoul(진솔/ジンソル)の新曲「Singing in the Rain」が6月26日に公開されました。

JinSoulは、4月にリリースされた今月の少女「ViVi」の楽曲「Everyday I Need You」にフィーチャリングで登場してラップを担当していたメンバーで、今回あらためて6月の少女として本格的な活動開始となります。

先月公開された KimLipが、「皆既日食」をイメージさせるコンセプトのもと、それ以前の今月の少女の世界観を覆す新たな展開を見せてくれましたが、JinSoulもまた、その新展開の鍵になる存在のよう。KimLipの「赤」に続いて、JinSoulは「青」のイメージカラーをまとっての登場です。

というわけで、「Singing in the Rain」はFuture Bass路線!! こうきたか! という衝撃的なカッコよさのハイテンポなエレクトロニック・ダンス曲になっています。

Future Bass(フューチャー・ベース)は2~3年前くらいから広まりだしたジャンル名で、わかりやすいイメージとしては、キラキラした華やかなシンセ音と可愛らしいメロディとTRAP以降っぽいリズムと重低音ベース、といった感じですが、明確な定義はないようです。もともとはオーストラリアのレーベル「Future Classic」のアーティストを中心に盛り上がっていったジャンルで、代表的存在はWave Racer。ちょっとゲーム音楽っぽい雰囲気もあり、日本のカワイイ系、アイドルやアニソンなどとも相性良い音です。
Wave Racer – Flash Drive (feat. B▲by) [Official Music Video] – YouTube

Singing in the Rain」の作曲は、Karl-Oskar Julius Gummesson、Nils Pontus Petersson、Caesar、다니엘(Daniel)、Ludwig Lindellの共作となっており、これまでにない顔ぶれ。
編曲はKarl-Oskar Julius Gummesson。作詞はおなじみ MonoTreeの황현(ファンヒョン)と박지연(パク・チヨン)となっています。

情報が少ないのですが、Karl-Oskar Julius Gummesson、Nils Pontus Petersson、Ludwig Lindellはみんなスウェーデンの作曲家のようです。

AppleMusicでの配信もスタートしています。

もう1曲の新曲「Love Letter」は、JinSoulとKimLipの2人ユニットによる楽曲。
こちらは安定のMonoTree作品で、作詞がパク・チヨン(박지연)とアニエス・シン(신아녜스)、作曲がイ・ジュヒョン(이주형)とNOPARI、編曲がNOPARIとなっています。

イ・ジュヒョンはヒョンジンの「Around You」ぶりのLOONA作品への登場ですね。NOPARIは今月の少女1/3の「Into the New Heart」(インスト曲)の作曲に関わっていました。
楽曲情報出典・参考:[Mnet] JinSoul – 이달의 소녀

JinSoulのプロフィール

本名:정진솔(チョン・ジンソル)

誕生日の情報がまだ見つかりません。生まれは1997年のようです。

最近になって今月の少女のYouTube公式のMVタイトルのアーティスト表記が過去作も含めて「LOOΠΔ」から「LOONA」に変わりましたね…。検索されやすさを重視したのでしょうか。

今月の少女のこれまでの作品についてはこちらの記事を御覧ください。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets