Lovelyz 2ndミニアルバム『A New Trilogy』リリース!「Destiny(私の地球)」MV公開

(UPDATE )

少女3部作の幕開けは…切ない運命

러블리즈(Lovelyz) “Destiny (나의 지구)” Official MV

8人組ガールズグループ、Lovelyz(러블리즈/ラブリーズ)の2ndミニアルバム『A New Trilogy』が4月25日にリリースされ、タイトル曲「Destiny(나의 지구/私の地球)」のMVが公開されました。

サウンド面では電子音とストリングスという今までの路線を引き継ぎながら、曲調はこれまでになく哀愁の韓流歌謡メロディーを強調した仕上がり。

フューチャー・ベース化したGFRIEND…なんて言葉が頭に浮かびましたが…ともかく新鮮な展開。
MVでのビジュアルも、これまでのスクールガール的なものから、幻想的な雰囲気へと変わっています。

これは賛否両論ありそう…インパクトと曲の良さは間違いありませんが。

作曲はこれまで通り、「Candy Jelly Love」「Hi~」「Ah-Choo」など、Lovelyzの代表曲を手がけてきたユン・サン(yoonsang)率いるプロデュースチーム「OnePiece」によるもの。
作詞はSMエンターテインメント所属の作詞家で、SHINeeの「Dream Girl」やf(x)の「Rum Pum Pum Pum」などで知られるチョン・ガンディ(전간디)。

バラエティに富んだ曲調と、統一感のあるサウンド

2ndミニアルバム『A New Trilogy』は全7曲入り。

先行のPrologue Filmで流れていたフレンチ風のワルツは、最後に収録の「Baby Doll」。
その他3曲目の「Fondant」も、スウィングするリズムに”ドゥーワッドゥーワッ”や”シュビドゥビドゥビ~”に”パパパ…”などのスキャット満載で、これまたフレンチ・ジャズ風味。
レトロな雰囲気のエコーが効きまくったピアノが印象的な4曲目「Bookmark」も、やっぱりどこかフランス映画のサントラのような。
お得意のフューチャー・ベース風味あふれる5曲目「1cm」と6曲目「Dear you」が一番これまでのLovelyzらしいイメージ。

いろんなタイプの曲が入っていますが、基本的なサウンドは統一感があり、やっぱりラブリズだなーという音になっています。

アルバムタイトル『A New Trilogy』は英語の意味的には「新たな3部作」。一体どういうことかと思いきや、今作が「少女3部作(소녀3부작)」の第一弾となるそうで。
この辺もGFRIENDの「学校3部作」を思わせるものがあり、やはりそれなりに意識はしてそうですね。

Lovelyzの『A New Trilogy』、iTunes/AppleMusicでも配信がスタートしています。

러블리즈(Lovelyz) “A New Trilogy” Album Preview

Popular Posts

Latest Posts

Tweets