可愛い!インドネシアのアイドルグループまとめ | 4ページ

(UPDATE )

7HE ICONS(7 ICONS)

2010年10月に結成され、11年4月にシングル「Playboy」でデビューした7 ICONS(セヴン・アイコンズ)。
メンバーそれぞれモデルとしても活動しており、音楽的にはやはりK-POPの影響が強い印象。
2014年11月に、メンバー4人を残して7HE ICONS(ジ・アイコンズ)に改名。

デビュー曲「Playboy」。女子高生風衣装にメガネがインパクトあります。

7HE ICONS(@7he_icons)さん | Twitter
7 ICONS | Facebook

CHERRYBELLE

2011年2月に、オーディションで選ばれた9人のメンバーで結成されたCherrybelle(チェリーベル)。
こちらもK-POP人気を背景にデビューしており、初期は特に「少女時代」の影響がかなり前面に出ていました。
また、テレビ番組と連動してオーディションの様子からドキュメンタリーとして見せていくプロモーションは日本の「ASAYAN」(モーニング娘。)の手法を思わせます。
「どこにでもいる普通の女の子」がアイドルになる、というコンセプトも日本っぽい感じ。
JKT48と並んで、今のインドネシアのアイドル・シーンのトップ・グループです。

2011年のデビュー曲「Dilema」。MVの見せ方もまさに少女時代風ですが、K-POPに比べるとどこかゆるくて、メロディ甘くて、ハモりまくる感じがとてもインドネシア。
2014年のシングル曲「Dunia Tersenyum」。古き良きミュージカルソング風の良質ポップス。

Cherrybelle – Cherrybelle, The Girl Band From Indonesia.
Cherrybelle (Chibi)(@Cherrybelleindo)さん | Twitter
Cherry Belle Indonesia | Facebook

2011年7月結成のBlink(ブリンク)。
デビュー当時は5人で、2012年にAshillaが脱退してソロデビュー。
現在は4人で活動しています。
曲は大量に出しているようで、アルバムも2枚発売されています。

デビュー曲「Sendiri Lagi」。手作り感ある打ち込みとハモりの繰り返しが耳に残ります。2番のあとの歌い上げパートとか、やっぱりK-POP感。

Blink Official ★ (@BlinkOfficial)さん | Twitter
Blink

PRINCESS

2011年9月に「Jangan Pergi」でデビューした5人組Princess(プリンセス)。
「Saranghae(サランヘ)」なんて曲もあったりして、完全にK-POP志向です。
4曲のシングルを発売して、2014年6月に解散しています。

デビュー曲「Jangan Pergi」。一瞬日本の地下アイドル系?と思わされるイントロ。良い曲です。

Princess  Girlband(@Princess_Ind)さん | Twitter
Princess Indonesia

6STARZ

2010年結成の6Starz(シックススターズ)。
2011年にNagaswaraレーベルから「Pretty Woman」でデビュー。
2012年の「Dipilih Pilih」とあわせて2曲しか出てないみたいです。

4MinuteみたいなCOOLなエレクトロ・ダンス系…と思いきや、Aメロは東南アジア色全開な南国メロディという、なかなか強烈なデビュー曲「Pretty Woman」。

6 STARZ – Nagaswara Music Corp – Artis

MINNI

こちらもNagaswaraレーベル所属の9人組Minni(ミニ)。
2011年に結成されています。
こちらも2曲しか発表していない模様。

NVR.LT.U.GOと書いてネヴァーレットユーゴーと読ませるこの感じ!

minni girl band INDONESIA | Facebook
MINNI – Nagaswara Music Corp – Artis

BE5T

これもNagaswara所属、ジャカルタの5人組Be5t(ベスト)。
情報が少ないです…。
2011年結成で、3曲発売されているようです。

完全にApink的な…。

BE5T Girlband (@BE5T_official)さん | Twitter
BE5T | Facebook
Be5T Nagaswara Music Corp – Artis

まとめ

推しは見つかりましたでしょうか!!?

こうして並べてみると、2011年デビューがかなり多くて、やはりいろんな意味でインドネシアのポップシーンにとって重要な年だったのではないかと思います。
最近の後発組が、正直まだまだ「ローカルアイドル」的なクオリティというのはあるのですが、そういう部分も含めて、数年前の日本のアイドルシーンが盛り上がっていった時期にも通じるものを感じさせて、今後も目が離せません。

個人的にはWishとJuwita Bandに注目していきたい感じです。

1 2 3 4

Popular Posts

Latest Posts

Tweets