【夏向けMPB】ブラジル・リオの女性SSW・ルイザ・サリスの新作『Aventureira』が良い!

(UPDATE )

涼しくおしゃれな現代のボサノヴァ~サンバ・ジャズ

“Aventureira” – Luiza Sales (full album)

カフェやおしゃれな雑貨屋さんとかで流れてるような音楽で、でもいわゆる名盤・定番じゃなくて、新しい「今の音」で何か良いのを探してる方に!

リオデジャネイロの女性シンガーソングライター、ルイザ・サリス(Luiza Sales)の3月に発表されたセカンドアルバム『Aventureira』が最高に良いです。
アコースティックなMPBですが、完全にボサノヴァやサンバ・ジャズ寄りのセンスで作られてて、とにかくおしゃれで涼しげ。
軽やかなルイザさんの歌声に、ヴィオラォン(ナイロン弦ギター)とピアノに加えて、レトロなヴィブラフォンの音色が入るのがポイント高いです。
海風系と呼びたいですねこれは。

デビューした頃のマリア・ヒタをソフトにした感じもあり。
ホベルタ・サーとか好きな人にもおすすめです。

クラウドファンディングによって制作されたとのこと。
SoundCloud、YouTubeのオフィシャルチャンネルで全曲フリー公開されている他、AppleMusicでも聴けます。

ルイザ・サリスについて

Luiza Sales – Simples Baião(2012)・・・ファーストアルバム『Breve Leveza』収録曲のMV

8歳の時からヴァイオリンを学び、2004年にブラジルのジュニア・オーケストラに参加。
その後、リオの6人組ヴォーカル・グループ「Ordinarius」のメンバーとなります。

Ordinarius | Grupo Vocal

これがまた良いグループ!男女混声コーラス・ハーモニー系です。

2012年にファースト・ソロ・アルバム『Breve Leveza』を発売。
収録曲の「Quebrupasso」は有名音楽サイトの年間ベストソングのリストに入ったり、日本でも発売されたカフェ・ミュージックのコンピレーションにも収録されたそう。
その後ヨーロッパでも活動し(2012年に開校したバークリー音楽大のヴァレンシア・キャンパスに行ってたとか)、クラウドファンディングによってセカンドアルバムの制作に入ります。
そして2015年3月にセカンド『Aventureira』を発表しました。

制作プロデューサーのヴィニシウス・カストロ(Vinicius Castro)は、カーラ・ダ・シウヴァ(Karla da Silva)、ジョアン・ベルナルド(Jõao Bernardo)、チアゴ・アウグスト(Thiago Augusto)などブラジル新世代系ミュージシャンの作品を多く手がけている人。

ファーストアルバムはこちらで聴くことができます。基本路線は変わらずなのでこちらもおすすめ。
Breve Leveza by Luiza Sales | Free Listening on SoundCloud

また、最近はブラジルの女性シンガーたちによるプロジェクト「Meninas do Brasil」(MdB)というのをやっているようで、いろいろな動画が上がってます。
これがどれもこれも素晴らしいので、あわせて是非チェックしてみて下さい。

#MdB Especial – “Banana” (Joyce Moreno) – com Clarice Assad, Luiza Sales, Maíra Martins e Aline Paes

ジョイスの名曲「Banana」のアカペラ・コーラスによるカバーです。楽しい!

Meninas do Brasilのオフィシャルチャンネルはこちら
Meninas do Brasil – YouTube

Luiza Sales(オフィシャルサイト)
Luiza Sales|Facebook

Popular Posts

Latest Posts

Tweets