【秋向け】マチュー・ボガート Mathieu Boogaerts の新作『PROMENEUR』

MATHIEU BOOGAERTS – “POURQUOI PAS” (extrait)

フランスのシンガーソングライター Mathieu Boogaerts(マチュー・ボガート)のニュー・アルバム『Promeneur(散歩する人)』が2016年11月4日にリリースされました。

ミニマルで素朴なサウンドと、散歩するように、日常の呟きのように歌われる、コンパクトで美しい歌を詰め込んだ素敵な作品になっています。

MATHIEU BOOGAERTS – “MERCI” (extrait)

Mathieu Boogaerts は1970年生まれ、フランスのフォントネ・スー・ボア(Fontenay-sous-Bois)出身の男性シンガーソングライター。
1995年にデビューし、昨年活動20周年を迎えました。
今回のアルバム『Promeneur』はスタジオアルバムとしては通算7枚目の新作となります(その他にEP2枚とライブアルバム2枚を発表しています)。

収録曲のほとんどは、南フランスのモン・ヴァントゥにある古い山小屋で録音されたとのこと。
3本のマイクとギター1本に、少しだけエレキギターとピアノとボンゴ、そしてヴァイオリン。シンプルながら豊かで温かみのある音。

これからの季節にもぴったりです。散歩のお供に、あるいは、暖かくした部屋でゆっくり、是非どうぞ。

Spotify、GooglePlay、その他の配信サービスはこちらから:
Promeneur – Mathieu Boogaerts

YouTubeのオフィシャルチャンネルに今回のアルバム収録曲の動画がいろいろと公開されているのですが、そのどれもが「野原や道にマイクが一本置いてあり、そこにマチューがギター持って現れて新曲をちょっとだけ歌う」というシリーズになってます。シュールで味わい深くてまさにマチュー。最高。

MATHIEU BOOGAERTS – “BIZARRE” (extrait)

他にもいろいろ。こちらからどうぞ。

初期の作品は国内盤CDでもリリースされていたこともあり、日本にも根強いファンのいる Mathieu Boogaerts(筆者もファーストアルバムからずっと聴いてる大好きなアーティストです)。
最近は日本のメディアやショップで紹介される機会も少ないため、「懐かしい!」という方もいるのではないでしょうか。
レゲエやアフリカの音楽に大きな影響を受けており、フランスっぽい詩的な哀愁とどこかユーモラスな陽気さが同居したような独特のスタイルが魅力。
AppleMusicやSpotifyで多くの作品が配信されていますので、気になった方は過去の作品もチェックしてみて下さい。

Mathieu Boogaerts – Apple Music
Mathieu Boogaerts — Listen for free on Spotify

CDのパッケージデザインも凝ったものが多くて楽しいですよ。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets