MTV IGGYが選ぶ2015年上半期のベスト・アルバム25枚!

(UPDATE )

ETC

世界中のいかした音楽を紹介するメディア「MTV IGGY」

mtviggy

MTV IGGYは、皆様ご存知のMTVやパラマウント映画などを傘下に持つ、アメリカの巨大メディアグループ「バイアコム」が運営する、「最先端のグローバル・ミュージックとポップ・カルチャー」をアメリカのユーザー向けに紹介するウェブサイトです。
キャッチコピーは「The Future of Music(音楽の未来)」!

From African hip hop to Chinese punk, from Brazilian baile funk to Swedish folk rock, we restlessly scour the world in search of exciting young musicians creating the sounds of the future. Listen to them now. They’ll be superstars tomorrow.
(アフリカのHip Hopから中国のパンクまで、ブラジルのバイリ・ファンキからスウェーデンのフォーク・ロックまで、我々は常に未来の音をクリエイトする若くエキサイティングな音楽家たちを探し、耳を傾けます。彼らは明日のスーパースターとなるでしょう。)
MTV IGGY オフィシャルFacebookの紹介文より

というわけで、当然日本も含め、世界中の音楽が取り上げられています。
さっき見たらトップページにはBABYMETALの記事が大枠で載っていました(2015年7月3日現在)。

そんなMTV IGGYさんが先日「2015年上半期のベストアルバム25」を発表!
ワールドミュージック好きも要注目の内容になっていますので、ご紹介します。

MTV IGGY 2015上半期 25 Best Albums

UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA — MULTI-LOVE

ビンテージでサイケでロウファイでファンキーでソウルフルな、アメリカ・オレゴン州ポートランドのバンド「UMO」の3枚目のアルバム。極彩色ディスコ感ありました。

COURTNEY BARNETT — SOMETIMES I SIT AND THINK, AND SOMETIMES I JUST SIT

コートニー・バーネットはオーストラリア・メルボルン出身の女性SSW。3月に発売されたファースト・フル・アルバム。グランジぃ~でいかしたロックンロールです。

MARINA AND THE DIAMONDS — FROOT

イギリス・ウェールズの女性SSW。ドラマチックでファンタスティックな3枚目のアルバムです。

EXO — EXODUS

きた!EXO!!宇宙からやってきた…韓国SMエンタ所属、韓国と中国の混成メンバーによるボーイズグループです。3月発売のセカンド・アルバム。(画像はリパッケージ盤「Love Me Right」)

DOWNTOWN BOYS — FULL COMMUNISM

アメリカ・プロヴィデンスのパンク・バンドです。ラッパ入りでキャッチーで高速です。ジャンルはDance Punk Politics!ボーカルは女性。

CC NOT — GEO FI

情報が少ない…実験的なテクノです。おそらくヨーロッパのどこかです。

KAFUNDÓ, VOL. 2: ROOTS AND BASS MUSIC FROM BRAZIL

DJ/プロデューサーのMaga Boと、音楽ブログ“SoundsGood”を運営するWolfram Langeの2人によるレーベルKafundoからのブラジル音楽コンピレーション。“ROOTS AND BASS MUSIC FROM BRAZIL”というわけで、アフロ的な民族打楽器要素と先鋭的なエレクトロ・サウンドが融合した感じの、実験的かつカッコイイ音ばかりが集められています。おすすめ。

ALABAMA SHAKES — SOUND & COLOR

その名の通りアメリカ・アラバマ州のアセンズで結成されたソウルフルでブルージーなロック・バンドによる2枚目のアルバム。グラミー賞にノミネートされたりもしたので日本でも結構有名でしょう。激渋なサウンドと独特のエコーが効きまくった音響空間が味わい深い作品です。

CHASTITY BELT — TIME TO GO HOME

アメリカ・シアトルのオルタナ・ロック・バンドです。女性4人組。あぁ、シアトル…って感じの音です。結構ポップ。

TUPINIQUIN — TUPI + THE NICKINS: TELE VISÃO

ブラジル・サンパウロのJorge Sampaio Tupiniquinによるプロジェクトのサード・アルバム。タイトルは架空のバンド作品みたいなイメージでしょうか。60年代ブラジリアン・サイケ・ガレージ的な要素を盛り込んだミクスチャーMPBです。

IBEYI – IBEYI

フレンチ・キューバンの美人双子姉妹ユニットIbeyi(イベイー)のファースト・アルバム。ヨルバ語の歌も取り入れたアフリカ音楽的要素とミニマルなクラブ~HipHop的サウンドが出会ったような、クールでおしゃれで美しいアルバム。XLレコーディングスからのリリースで国内盤も出てます。

BJÖRK — VULNICURA

言わずと知れたアイスランドの天才ビョーク。通算8枚目のアルバム。安定のビョークでした。

TOVE STYRKE — KIDDO

スウェーデンのエレクトロ・ポップ系女性SSW、トーベ・スタークの2枚目のアルバム。まだ22歳です。ポップ・アイドル的な雰囲気と見せかけて、音は尖っててカッコイイというタイプ。KKBOXで聴けます。

SHINEE — ODD

EXOに続いて韓国SMエンタ所属のボーイズグループ、SHINee(シャイニー)の4枚目のアルバム。

MEW — +-

デンマークのドリーミーな美メロ系ロック・バンドの久々の新作。今年のサマソニで来日も決定しています。

NOAH — SIVUTIE

日本・北海道出身の女性アーティストNoahの6月に発表されたばかりのファースト・アルバム。ミニマルなビートと音響、ノイズ、電子音と、囁くようなボイスで作られた美しい音楽です。

LEON BRIDGES — COMING HOME

アメリカ・テキサス州の若手ゴスペル~ソウル・R&B系シンガー、レオン・ブリッジズのデビュー作。オーティスやサム・クックに例えられるほどの歌声で、いつの時代の作品かわからなくなる「古き良き時代の名盤」感あふれてます。KKBOXで聴けます。

KALI UCHIS — POR VIDA

コロンビア出身でアメリカで活動する女性SSWカリ・ウチスのファーストEP。60年代風のビンデージ・ファンキー・ソウルからレゲエ、エレクトロ・ビートのR&Bまで多彩で楽しい内容。フリーダウンロードで公開されています。


Por Vida: Free DL — Kali Uchis

HEEMS — EAT PRAY THUG

アメリカ・ニューヨークのオルタナティブHip Hopグループ“Das Racist”のMCを務める、インド系アメリカ人ラッパーHeemsのファースト・ソロ・アルバム。

TORRES — SPRINTER

アメリカ・ナッシュビル出身でニューヨークを拠点に活動する女性SSWマッケンジー・スコットによるソロ・プロジェクトTorres(トーレス)の3枚目のアルバム。迫力ある情念系ロックです。

LOS PEPINIYOZ — ALTA TENSIÓN

プエルトリコの首都サン・フアンのポップパンク~パワーポップ系バンドLos Pepiniyozの多分5枚目くらいのアルバム。とにかくキャッチーでよくハモる(笑)良い曲だらけです。ストリーミング配信無し。バンドキャンプで聴けます。
Los Pepiniyoz

MFBTY — WONDALAND

韓国のHip Hopアーティスト、タイガーJKとユン・ミレ(TASHA)とDizzyの3人によるユニット「MFBTY」のファースト・フル・アルバム。豪華ゲスト満載で音も多彩。ビルボードでも絶賛されてました。

SUSANNE SUNDFØR — TEN LOVE SONGS

ノルウェーの女性SSWスザンヌ・サンドフォーの5枚目のアルバム。北欧らしい透明感のあるファンタジックなエレクトロ・ポップです。ヴォーカルはエモーショナルな美声。

SOTOMAYOR – SALVAJE

メキシコの兄妹2人組ユニットSotomayor(ソトマヨル)のデビュー作。ドリーミーな電子音ポップに中南米らしい様々な打楽器によるビートを合わせた感じ。ブラジルっぽさもあります。おすすめ。

SANTA CRUZ — SANTA CRUZ

フィンランドのグラム・メタル・バンドSanta Cruzのセカンド・アルバム。北欧だなーって感じのキャッチーな美メロ・メタルです。こちらもよくハモります。

まとめ

長かった…25枚とは想像以上ですね…。
ワールドミュージック的には、Kafundoのコンピと、ブラジルのTupiniquin、メキシコのSotomayor、そしてIbeyiが注目ですが、他ジャンルの作品も、さすがどれも聴き応えのある面白いものばかりが選ばれています。
K-POPが3組入ってるのも熱いですね。

ほとんどの作品がApple Musicで聴くことができますので、興味を持ったものは是非、お試しください。
Apple Musicで聴けないものに関しては、個別に記載してますが、再度まとめておきます。

● EXO、BJÖRK、SHINee、NOAH、・・・現状、日本のストリーミングサービスでは配信されていません(ビョークは旧作は配信されています)。
● LEON BRIDGES、TOVE STYRKE・・・現状Apple Music未配信ですが、KKBOXでは聴くことができます。
● LOS PEPINIYOZ、KALI UCHIS・・・ストリーミングサービスでは聴けませんが、別サイトで全曲公開されています。

なんというか、こうして記事を見て、詳細調べたりしながらいろいろ聴いて、あらためてストリーミング音楽配信時代のありがたみを実感させられました…。
気になったらすぐ聴ける、って凄いことです。
是非!

参照記事:
Mid-Year Review: 25 Best Albums of 2015 | MTV IGGY
MTV IGGY | The Future of Music – Discover the Best New Music from Around the World

Popular Posts

Latest Posts

Tweets