OH MY GIRL 1年の歩みを振り返る~全作品レビュー&メンバー紹介

(UPDATE )

3rdミニアルバム『PINK OCEAN』リリース記念! 総復習スペシャル

2016年3月28日に3rdミニアルバム『PINK OCEAN』とタイトル曲「Liar Liar」をリリースしたOH MY GIRL

2015年の4月20日にデビューしたOH MY GIRLですが、そのグループ名が公開されたのが2015年の3月30日! ちょうど1年前!
というわけで、新作のリリースを記念して、OH MY GIRLの1年間の歩みを一気に振り返る総復習スペシャルです。

スポンサーリンク

OH MY GIRL メンバープロフィール

OH MY GIRL(오마이걸/オーマイガール)は2015年4月20日にデビューした8人組ガールズグループです。
所属事務所はWMエンターテインメント。B1A4の妹グループとして結成されました。
ファンダム名(ファンの呼び名)は「ミラクル(미라클)」。

挨拶の時の決まり文句は
ヒョジョン(リーダー):「…하나, 둘, 세」(ハナ、トゥル、セ / いち、にの、さん)
全員:「찾았다~!오마이걸~!안녕하세요~ 오마이걸입니다」(チャジャッタ~!オーマイガール!アンニョンハセヨ~オマイゴルイムニダ / 見つけた!オーマイガール!こんにちはオーマイガールです)

「GIRL(걸)」の発音が韓国読みだと「ゴル」に近い音になるため、「オーマイガール」=「オマイゴル」→「オマゴル」! というわけで、日本のファンの間では「おまごる」「おまごるちゃん」といった愛称で呼ばれることも多いようです。

hyojung

ヒョジョン(효정/HyoJung)

  • 本名:최효정(チェ・ヒョジョン)
  • 誕生日:1994年7月28日
  • 血液型:AB型
  • ポジション:リーダー、メインボーカル

ニックネームは「キャンディ」。子供の頃から合唱団で歌っており歌が上手い。いつも笑顔の明るいリーダー。

jine

ジニ(진이/JinE)

  • 本名:신혜진(シン・へジン)
  • 誕生日:1995年1月22日
  • 血液型:A型
  • ポジション:ボーカル

ラブリーボーカル。大人しくて世話好きで、OH MY GIRLのママ役担当。可愛い。

追記:2016年8月25日、ジニに関して、拒食症の治療のため暫定的に活動を休止することが事務所より発表されました。以降OH MY GIRLは7人で活動を行っています。
OH MY GIRL ジニ、拒食症により活動休止を発表 – Kstyle
早く元気になりますように…。

mimi

ミミ(미미/Mimi)

  • 本名:김미현(キム・ミヒョン)
  • 誕生日:1995年5月1日
  • 血液型:AB型
  • ポジション:メインラッパー、サブボーカル、メインダンサー

ギャップが魅力(韓国語では「反転魅力/반전매력」)のラッパー。ハスキーボイスがCOOL!おしゃれで料理もイラストも得意。Iggy AzaleaとNasが好き。

yooa

ユア(유아/YooA)

  • 本名:유시아(ユ・シア)
  • 誕生日:1995年9月17日
  • 血液型:A型
  • ポジション:リードボーカル、メインダンサー

OH MY GIRLの「キューピッド」。とにかく小顔でスタイル抜群。歌唱力も高く、声も個性的で可愛い。ダンスも美しい。ビヨンセが好き。

seunghee

スンヒ(승희/Seung Hee)

  • 本名:현승희(ヒョン・スンヒ)
  • 誕生日:1996年1月25日
  • 血液型:B型
  • ポジション:メインボーカル

才能あふれるボーカリスト。子供の頃から歌が得意でテレビ番組や全国のど自慢で活躍していたという圧倒的な歌唱力。Mnetのオーディション番組『スーパースターK』セカンドシーズンにも出演。ソウルフルなシャウトから高音の美声まで、とにかく凄い。

jiho

ジホ(지호/JiHo)

  • 本名:김지호(キム・ジホ)
  • 誕生日:1997年4月4日
  • 血液型:A型
  • ポジション:リードボーカル、リードダンサー

いつも元気な「エンドルフィン」少女。アメリカンポップスが好き。可愛い系メンバーが多い中で正統派の美人顔。日本語も得意。

binnie

ビニ(비니/Binnie)

  • 本名:배유빈(ペ・ユビン)
  • 誕生日:1997年9月9日
  • 血液型:O型
  • ポジション:サブボーカル

しっかり者で成績優秀。もともと子役として活動しており、小学生の時には「Prettyn(프리틴/プリティン)」という子供アイドルグループに所属していたそう(参考:http://www.ilbe.com/8652669429…可愛すぎ笑)。好きな歌手はユンナ。

arin

アリン(아린/Arin)

  • 本名:최예원(チェ・イェウォン)
  • 誕生日:1999年6月18日
  • 血液型:O型
  • ポジション:サブボーカル、リードダンサー

愛されキャラの可愛い最年少メンバー。色白で末っ子感あふれるベビーフェイス。R&Bとパワフルな曲が好きだそう。

画像出典:@8_OHMYGIRL / Twitter
プロフィール情報出典:오마이걸 – 나무위키

OH MY GIRLの歩み

2015年1月、男性5人組アイドルグループB1A4が所属するWMエンターテインメントから、新人ガールズグループがデビューする予定であることが明らかに。
当時はB1A4のメンバー、バロの妹であるユンジがメンバーに入るのではと噂されていました。

3月24日にメンバー8人の映像がオフィシャルサイトにて公開。この時点ではまだグループ名は明かされておらず、「#OMG」とだけ表記されていました。

#OMG DAY 1 ©WM ENTERTAINMENT・・・ちょっとシュールな映像(笑)みんな初々しくて可愛い。

3月30日、グループ名が「OH MY GIRL」であることが明らかに。

#OMG DAY 1 ©WM ENTERTAINMENT・・・グループ名発表の仕方もユニーク!

2015年4月20日、1stミニアルバム『OH MY GIRL』をリリースし、ソウルのAX Koreaにてデビューショーケースを開催。
タイトル曲「CUPID」で音楽番組活動を開始。

[Z직캠] 오마이걸(Oh My Girl) 1st 미니앨범 타이틀곡 큐피드(CUPID) 첫 무대 Oh My Girl SHOWCASE ©ZENITH NEWS 제니스뉴스

5月、ユアがB1A4のバロとお菓子のCMで共演して話題に。

15년 초코하임 광고 B컷-1(모델: B1A4바로)아이스하임 ©crownconf

6月には雑誌「Ceci」7月号のグラビアに登場。
오마이걸 데뷔 후 처음 찍은 화보 (쎄씨) – 인스티즈(instiz) 인티포털

9月20日、「2015 韓流ドリームフェスティバル」に出演。

10月8日、2ndミニアルバム『CLOSER』をリリースしてカムバック。
デビュー作の元気なイメージから一転、幻想的なコンセプトで注目を集めたタイトル曲「CLOSER」で6週間に渡って活動。

12月9日、次作のアルバム用の写真撮影のために向かったアメリカ・ロサンゼルスの空港で、税関のチェックに引っかかり10時間以上抑留された末、入国できずに帰国する事態が発生。ニュースで大きく報道されて話題に。

どうやら、撮影のついでに現地で開催されるアジア系芸能関係者が集まるイベントに出席してステージを行うつもりだったのが、そのために必要な公演ビザを持っていなかった(単独公演ではないので不要だと考えていた)ために問題になったようです。衣装と小道具を持っていたことで「公演目的」と見なされて税関で止められた模様。いずれにせよ、メンバーは何も悪くない。

参考:「OH MY GIRL」米国入国拒否騒動、米・税関職員が証言「うその入国目的を話したため」│ワウコリア

12月16日、ユアが人気オンラインゲーム『マビノギ』の広告モデルに抜擢されて話題に。

마비노기 두근두근 아일랜드 – 유아 60″ ©Mabinogi Nexon

年末年始は様々な音楽賞にもノミネートされ、ステージ活動を行いました。
また、「CLOSER」が、アメリカのビルボード誌が選ぶ「ベストK-POPソング2015」に、ガールズグループの楽曲として唯一選ばれて話題に。

年明けて2016年、ニューアルバムの準備をしながらも、MBCの「アイドル陸上大会」などのイベントに参加。
2月には旧正月やバレンタインに合わせた動画を公開するなどして、ファンを喜ばせてくれました。

OH MY ‘REAL’CAM (Valentine’s Day Special) – YouTube
・・・バレンタイン企画のスペシャル動画。どれもこれも可愛い。

ミミはイラストの才能も!

3月17日より、3rdミニアルバムに向けた予告イメージを次々と公開。
21日には、B1A4のジニョンが作詞作曲した新曲「一歩二歩(Step by Step)」を、ミニアルバム発売に先駆けてデジタルシングルとしてリリース。
28日、3rdミニアルバム『PINK OCEAN』をリリースし、デビュー以来2度目となるショーケースステージを開催。その様子はライブ配信サービス「V」を通して放送されました。

また、ショーケースにてファンダム名「ミラクル(미라클)」を発表。ファンに出会えたことそれ自体が奇跡、という意味がこめられています。
そして3月31日より、タイトル曲「Liar Liar」で音楽番組活動を開始!

以降の活動はこちらで。

3rdミニアルバム『PINK OCEAN』全曲ひとことレビュー

[MV] 오마이걸(OH MY GIRL) _ LIAR LIAR

2016年3月28日にリリースされた『PINK OCEAN』。海外作曲家の作品を中心に、いわゆるK-POPの王道とはちょっと違ったサウンドで個性を見せてきたOH MY GIRLですが、今作はタイトル曲以外はわりと正統派に寄せてる印象。前作と比べると全体的に春向け。気持よく聴けます。

1. LIAR LIAR

スチームオルガン風の音色が繰り返し奏でるリズムを軸に展開されるポップス。
レトロ・フューチャーなSF感。イントロからサイレンの音が鳴り響いたり、Bメロで一気に音の奥行き広がってドラムも壮大になったり…全編にわたって映像的な音作りが耳に楽しい仕上がりです。

元気いっぱいの「ya ya!」という掛け声は、1stの「CUPID」の顔。美しい高音のハーモニーが包み込むようなアレンジは、2nd「CLOSER」で見せた顔。
どっちも入ってこれぞOH MY GIRL!といえる曲になっているのではないでしょうか。

作編曲のデヴィッド・アンソニーはイギリスのミュージシャンだそうで、おそらく少女時代の「The Boys」のRemixを手がけていた人。
Girl’s Generation – The Boys (Bring The Boys Out)(David Anthony Remix) by Interscope Records
作詞はソ・ジウム(서지음)とミミ。ソ・ジウムはK-POPの多くのヒット曲を手がける女性作詞家。「CLOSER」もこの人です。

2. B612

柔らかなアコースティック・サウンドとキラキラしたシンセ・サウンドが溶け合った爽やかなR&B調ポップス。

作曲のアンドレアス・エーベルグはスウェーデンのジャズ・ギタリストで、作曲家としてもK-POPやJ-POPを多数手がけています。最近ではRed Velvetの「7月7日」など。前作「CLOSER」を手がけたショーン・アレクサンダーも作曲に関わっています。
作詞はソ・ジウムとミミ。

タイトルの「B612」は、カメラアプリの名前としても有名になりましたが、もともとは小説『星の王子さま』に出てくる星の名前です。

3. I FOUND LOVE

キラキラした高音のピアノと切ないメロディが美しいポップス。ラララ~ラララ~をバックにしたミミのラップも聴きどころ。
「LIAR LIAR」に続いてデヴィッド・アンソニーが作編曲。作詞はソ・ジウムとミミ。

4. KNOCK KNOCK

ファンキーなギターに乗ったおしゃれなジャジー・ソウル風。中盤の「yeah yeah yeah come on!」でリズム変わるところがカッコイイです。ノックノック!ということでドアを叩く現実音が取り入れられているのも面白い。
アンドレアス・エーベルグ他、前作収録の「SAY NO MORE」「ROUNDABOUT」の制作陣による作品です。

5. Step By Step(한 발짝 두 발짝/一歩二歩)

デジタルシングルとして先行公開された、B1A4のジニョンの作品。ミニアルバムの流れで聴くとまた新鮮ですね。本当に良い曲。
全体的にエコーがかった透明感のあるサウンドですが、さりげなくバックのギターやストリングスがせわしなくリズム刻んでたり、ドラムのビートもちょっと引っかかるようなパターンになっていて、適度な緊張感が加えられてるのが心を揺さぶります。

2ndミニアルバム『CLOSER』

[MV] OH MY GIRL(오마이걸) _ CLOSER

タイトル曲のイメージがあまりにも強いですが、アルバム全体的には前作同様に洋楽ポップス風味の強い、元気でキャッチーな楽曲が並んでいます。

1. CLOSER

切なく美しいメロディを包み込むような幻想的なサウンド。コーラスハーモニーとスンヒの高音の美声を生かしたアレンジです。
中盤の「Closer…I’m Closer…」の繰り返しに挟み込まれるユアのボーカルに続くスンヒの圧倒的なソロ・パートがそのまま最後のサビのメロディに絡んでいって、とどめにミミの抑制されたラップ、という流れは何度聴いても鳥肌もの。
アレンジやボーカルの使い方の部分で、筆者はフランスの女性シンガー、ミレーヌ・ファルメールの作風を連想したりもしました。

どこか浮世離れした、人形のようなルックスのユアをセンターに置いたのもパーフェクト!この時点でもう、他のどのグループにも作り出せない、OH MY GIRLだけの世界になった感じがします。

作曲はローラ・ブライアンとショーン・アレクサンダー(SNSD「ライオンハート」などで有名)の共作。

ローラ・ブライアンはカリフォルニア在住の女性シンガーソングライター。アジアのエンタメカルチャーを紹介するメディア「Asian Junkie」(英語)にインタビューが掲載されています。
[Interview] Laura Brian, the composer/songwriter of Oh My Girl’s “Closer” – Asian Junkie
“「Closer」は当初はもっとR&B調で最初はアメリカで発売するつもりだった。”“「Cupid」を聴いてOH MY GIRLはキュート路線のグループだと思っていたので「Closer」が採用されてとても驚いた。”“機会があればまたOH MY GIRLに曲を書きたい。彼女たちの声が好き。「Liar Liar」にもワクワクしている。”“オンラインゲームがきっかけで韓国の人とやり取りするようになりK-POPを知った。2NE1、BIG BANG、BEASTなどが好き。”…などなど興味深い内容です(翻訳・要約は筆者による)。

作詞は安定のソ・ジウムとミミです。

また、様々な星座のマークをモチーフにしたダンスのフォーメーションも話題に。楽曲からビジュアル、パフォーマンスまで、完璧に作り込まれた本当に素晴らしい作品です。

2. SAY NO MORE

90年代風R&Bのイメージだそうです。しかしリズムは今っぽくかなり細かく凝ってる印象。
作曲はPar Almqvist、August Vinberg、アンドレアス・エーベルグ(『PINK OCEAN』>「B612」の欄参照)。

3. PLAYGROUND

いきなりのレゲエ・ホーン!曲調はリズムギターのリフに乗せたポップ・ロック風味。Bメロのラップからキャッチーなサビへの展開がよいです。
作曲はKendall Gaveck(アメリカの女性シンガー)、ダレン・スミス(SNSD「ライオンハート」)、ショーン・アレクサンダー。

4. SUGAR BABY

いきなりのスネア連打!シャッフルビートのポップ・ロック調。90年代ブリットポップな雰囲気あります。エンディングのホーンのフレーズもいい感じ。
3曲目「PLAYGROUND」と同じ作曲陣。

5. ROUND ABOUT

これまたスウィング風に跳ねるリズムに、ノイジーなギターとドラムでロックな要素も取り入れたR&B。「wuh!」の掛け声最高!そしてミミのラップが超カッコイイです。
2曲目の「SAY NO MORE」と同じ作曲陣。

1stミニアルバム『OH MY GIRL』

[MV] OH MY GIRL(오마이걸) _ CUPID

2015年4月20日にリリースされたデビュー作。アメリカンな乾いた空気を感じさせる独特の爽やかさで統一されてます。

1. Oh My Girl

アメリカの青春ものドラマのテーマみたいなポップ・ロック調。1分ちょっとで終わるオープニング曲です。可愛い。

2. CUPID

チアリーダー風の元気さあふれるタイトル曲。多人数グループならではの勢いある掛け声と、サビで歌い上げるスンヒの歌唱力を前面に出したアレンジ。
マーチングバンド的なドラムを前のめりに加工したような(結果的にどことなくブラジルのサンバヘギにも似てる)迫力あるリズムにストリングスのアクセント、途中からソウル・ポップ風のギターカッティングが入ってくるのも洒落てます。
海外メディアではグウェン・ステファニーのヒット曲「Hollaback Girl」に例えられてたりもしました。
ミミのラップも最高にSWAG!!

作曲のジョーダン・カイル(Jordan Kyle)はアメリカの作曲家でプロデューサー。SHINeeの「Dream Girl」、EXOの「Growl」などに関わっています。
作詞はK-POPのヒット曲を多数手がける女性作詞家、キム・イナ(最近ではラブリーズの「Candy Jelly Love」など)。
プロデュースの신혁(シン・ヒョク)は楽曲制作チーム「Joombas Music Group」の代表で、SHINeeやEXOなどの作品を手がけている他、ジャスティン・ビーバーの「One Less Lonely Girl」に関わったことでも知られています。

3. Hot Summer Nights

アコースティックなギターサウンドがキラキラ眩しい爽やかポップス。サビで入ってくるディストーションギターもいい感じ。
夏の夜のビーチのイメージ(オフィシャルサイトの解説文より)だそうですが、個人的には朝露に濡れた草原みたいな風景がイメージされます。
ミミが作詞に参加。エンディングのラップが素晴らしいです。
作曲はショーン・アレクサンダー、アンドレアス・エーベルグという、今やオーマイガール作品には欠かせない制作陣。

4. 궁금한걸요(Curious)

こちらも爽やかなアコースティック・ポップ。口笛のリフが印象的です。ハイトーンで囁くように歌うボーカルも魅力。
安定のショーン・アレクサンダーとアンドレアス・エーベルグらによる作曲。

その後の活動と作品(※随時更新)

PINK OCEAN』以降の作品については個別記事にてご紹介しています。あわせてご覧ください。

リパッケージアルバム『WINDY DAY』(2016年5月26日):
OH MY GIRL 新曲「Windy Day」MV公開!すごい!!

スペシャルアルバム(夏の名曲カバー集)『Listen To My Word』(2016年8月1日):
OH MY GIRL サマースペシャルアルバム「Listen To My Word」発売!アイン♪

クリスマスコンピレーション参加曲「White」(2016年11月29日):
OH MY GIRLとレゲエでクリスマス~「White」MV公開+アニメOST情報

4thミニアルバム『COLORING BOOK』(2017年4月3日):
OH MY GIRL 全世界を色あざやかに染める!新作「COLORING BOOK」

OH MY GIRL関連記事一覧:
OH MY GIRL – MUMUMAG

まとめ

以上、OH MY GIRLの1年振り返り総復習スペシャルでした。

「STEP BY STEP」公開以降、連日お届けしてきたOH MY GIRL祭り、これでひとまず一段落です。
これからは音楽番組でのステージを観まくる日々を…楽しみましょう♪

Popular Posts

Latest Posts

Tweets