Patrícia Bastosのニューアルバム『Batom Bacaba』~モダンで優美なアマゾン流域の歌

ブラジル北部のトロピカルマジカルサウンド

ブラジル北部アマゾン川下流域に位置するアマパー州マカパ(Macapá)出身の女性歌手、パトリシア・バストス(Patrícia Bastos)の6枚目のアルバム『Batom Bacaba』が10月6日にリリースされました。

アマゾン流域の民族音楽の要素を包み込んだ洗練されたアコースティックなサウンドに乗せて、美しく伸びやかなボーカルを聴かせるスタイルが高い評価を受けた2013年のアルバム『Zulusa』に続く新作となる『Batom Bacaba』。プロデュースは前作に引き続きサンパウロのミュージシャン Dante Ozzetti
ブラジル北部の独特な太鼓のリズムと優美なメロディに加えて、さりげなくエレクトロニックな装飾も施された、どこか宇宙的な広がりを感じさせる音響が印象的な仕上がりになっています。
深く響くエコーとストリングスが特徴的。気持ちよく引き込まれます。たいへん良いです。

リオにサンパウロ、あるいは北東部のバイーアやペルナンブーコ、さらにミナス・ジェライス、etc…ひと言でブラジル音楽といっても、広い広い国ですから地域によって音楽性も様々で、その違いを知ったり、聴き分けたりするのも楽しみ方のひとつ。
そんな中でもブラジル北部やアマゾン川流域の音って、先ほど並べたような地域に比べると、日本に入ってくる情報が少なめで、なかなか様子が掴めないところがありますが、今作のような素晴らしい作品がきっかけとなって、興味の範囲が広がっていくと嬉しいことですね。
筆者もこの辺あまり詳しくないのでいろいろと調べてみようと思います。

今さらですが、ブラジルは南半球なので北へいくほど赤道に近づいていきます。北部は熱い!

というわけで、パトリシア・バストス、おすすめです。

Patricia Bastos – Gravação do CD Batom Bacaba.
レコーディングを担当した Assis FigueiredoのYouTubeチャンネルより。

Patrícia Bastos

2000年にファーストアルバム『Pólvora e Fogo』をリリース。最新作を含めこれまでにライブ盤1枚を含む6枚のアルバムをリリースしています。
2013年の5thアルバム『Zulusa』がブラジル音楽賞(Prêmio da Música Brasileira)で地方の音楽アルバムと地方の歌手部門(melhores disco regional e cantora regional)を受賞しました。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets