インドネシアで増殖中!なぞの「ポケモン・ダンドゥット」がヤバい

(UPDATE )

世界中で大人気の「ポケモンGO」。
中でも人口2億5000万人のインドネシアでは、正式リリース前から他国のアプリストア経由でダウンロードしてプレイする人が続出し、大ブームとなっていたようで。

そんなインドネシアは、歌が大好きな音楽大国でもあります。
流行ったら何でも歌にする…というわけで、早速「なぞのポケモンソング」が次々と生み出されている模様…!

ようじょが歌う「ポケモン探し」

Cari Pokemon – Faiha

なぞの幼女歌手Faihaちゃんが歌う、その名も「Cari Pokemon(チャリ・ポケモン=ポケモン探し)」!

それはもう幼女ですから、きっと子供らしい、さぞかし可愛らしいチャイルドミュージックに違いない……と思いきや、まさかのダンドゥット*1(笑)。

エキゾな哀愁メロディに乗せて歌われる「Pokemon Pokemon dimana kamu~♪(ポケモン、ポケモン、どこにいるの)」が耳から離れなくなりますね。
歌詞にも「Pikachu(ピカチュウ)」はもちろん、「Squirtle(ゼニガメ)」、「Charmander(ヒトカゲ)」、「Bulbasour(フシギダネ)」などが登場。インドネシア語でポケモンの名前を覚えることができるというスグレモノです。

この「Cari Pokemon」、ジャカルタのダンドゥット系音楽レーベルSani Music Indonesiaから正規にリリースされている作品。

AppleMusicでも配信されています。

おねえさんはポケモンでおどる!

面白さと可愛さ(と流行りに乗っかる仕事の早さ)で、Faihaの「Cari Pokemon」はインドネシアのネットユーザーの間でかなり話題になったようで、それに味をしめたのか、8月2日にはSani Music Indonesiaから、新種のポケモン・ダンドゥットが出現!

Goyang Pokemon Varra Selvarra

今度は「Goyang Pokemon(ゴヤン・ポケモン=ポケモン・ダンス)」!歌っているのはクラブ系ダンドゥット歌手/DJのVarra Selvarra(ファラ・セルファラ)。
昨年ダンドゥット・シーンで大ヒットした女性歌手Cita Citata(チタ・チタタ)の「Goyang Dumang」をそのまま下敷きにしたような軽めのダンドゥット・ハウスになっています。

おにいさんはポケモンでくるう!

さらにこちらはジャカルタの男性ダンドゥット歌手Hizrah Bacan(ヒズラー・バチャン)による「Gila Pokemon(ギラ・ポケモン=ポケモン・クレイジー)」!

GiLA PoKeMoN By HiZRaH BaCAN

モンモンモンモン…
ポケモンGOに夢中になる人々の様子をコメディ風に描いたMVになっています。

というわけで、まだまだこれからも出てきそうな予感…。

ポケモンと音楽といえば、昔ブラジルのファンキでもピカチュウの声をサンプリングした曲が話題になったことがありました。
Vanessinha Pikachu – Pikachu – YouTube

国境を超えて広がるポケモンの繁殖力、まさにおそるべしです!

そして面白いものは何でもすぐに取り入れてしまうダンドゥットのフリーダムさもおそるべし!

最後にFaihaちゃんの「Cari Pokemon」、テレビ番組「INBOX」出演時のライブバージョンをご覧下さい。

FAIHA – Cari Pokemon di INBOX SCTV 31 Juli 2016

盛り上がってる!!

*1:ダンドゥット
ダンドゥットは1970年代に生まれたインドネシアの大衆歌謡曲の一つで、伝統音楽やマレーシアの歌謡曲をベースに、ロックからインド音楽、ダンスミュージックまで様々な音楽要素を取り込んで進化していった音楽ジャンルです。
 
関連記事:
進化するダンドゥットで踊ろう~インドネシアのEDM歌謡が熱い

Popular Posts

Latest Posts

Tweets