Red Velvet 「Peek-A-Boo」~パーフェクトな個性あふれる冬色ポップダンス

いないいないばあっ!

Red Velvet 레드벨벳 ‘피카부 (Peek-A-Boo)’ MV

Red Velvetの2ndフルアルバム『Perfect Velvet』が11月17日にリリースされました。
タイトル曲は「Peek-A-Boo(피카부/ピーカブー)」。
どこかエスニックな雰囲気漂うダンスホール風味のダンスポップになっています。良き良き!

作詞はおなじみKENZIE。
作曲はMoonshineとCazzi OpeiaとEllen Berg Tollbom。編曲はMoonshineが担当しています。

Moonshineはスウェーデンの男性2人組のプロデュースチーム(@killahbeefboys)。
Cazzi Opeiaもスウェーデンの女性ポップ歌手(@cazzi_opeia)。
Ellen Berg Tollbomもやっぱりスウェーデンのシンガーソングライター(@ellellellellen)。
ということで完全スウェディッシュポップ仕様です。EKKO Music Rightsというストックホルムの音楽事務所の所属のようで、SMエンタ関連やTWICE、安室奈美恵などの作品にも関わりがある模様。
EKKO Music Rights (Powered by CTGA)

音の感じからトロピカルな第一印象でしたが、あらためて聴くと確かに北欧の民謡的なメロディにも感じられます。
オーロラの下、荒涼とした大地で輪になって踊る感じです(勝手な北欧のイメージ)。
そう考えるとこれからの季節にもド真ん中。

個人的には民族風の要素やリズムの感じからデビュー曲の「Happiness」を思い出したところもあって、これこそRed Velvetにしか作り出せない魅力が炸裂した新曲ではないかと! 感じております。何度も聴くやつです。

「Peek-A-Boo(ピーカブー)」とは英語で「いないいないばあ」を意味する言葉。ちなみに韓国語では「까꿍(カックン)」です。

2ndアルバム『Perfect Velvet』全曲ひとことレビュー

前作が『The Red Summer』で「Red」だったので、今回は「Velvet」の面を見せるアルバム。しかも「パーフェクト」!
フルアルバムという意味では2015年の『The Red』に対する「Velvet」コンセプトの作品となります。

TRACKLIST

01. 피카부 (Peek-A-Boo)

作詞: Kenzie
作曲: Moonshine / Cazzi Opeia / Ellen Berg Tollbom
編曲: Moonshine

歌詞もMVもやはりいろいろネタが仕込まれているようなので、解釈してくれているブログなど探してみて下さい!

02. 봐 (Look)

作詞: SUMIN / JINBO
作曲: Daniel “Obi” Klein / Charli Taft / JINBO / SUMIN
編曲: Daniel “Obi“ Klein

80年代風のキラキラしたシンセサウンド。ファンキーなダンスポップです。
Daniel “Obi“ Kleinは「Cool World」「Time Slip」「Lady’s Room」「Cool Hot Sweet Love」など多数手がけるおなじみの人。

03. I Just

作詞: 김부민
作曲: Hitchhiker / 김부민 / Aventurina King / John Fulford
編曲: Hitchhiker

フューチャーベース路線。
SMエンターテインメント関連を大量に手がけるEDM系のミュージシャンHitchhikerの作品です。

04. Kingdom Come

作詞: 이스란 (Jam Factory)
作曲: The Stereotypes / DEEZ / Ylva Dimberg
編曲: The Stereotypes

生ドラムのループに乗せた夢幻的なR&B。レドベルの「Velvet」の面をこれでもかと見せつける「聴かせる」仕上がり。
作編曲のThe Stereotypesはアメリカの楽曲制作チームで、世界的な洋楽アーティストの楽曲も多数手がけている他、SMエンタ関係もいろいろと。

05. 두 번째 데이트 (My Second Date)

作詞: 전간디
作曲: James Wong / Sidnie Tipton / Sophie Stern
編曲: Gladius

ピアノとHIPHOPビートのおしゃれめサウンド。変な音満載で面白いアレンジです。

06. Attaboy

作詞: Kenzie
作曲: Kenzie / The Stereotypes / Ylva Dimberg
編曲: The Stereotypes

これも面白いHIPHOP路線。トラップ的な重いベースサウンドの上でキャッチーでポップなフレーズが展開されます。レドベルならではの感じ。

07. Perfect 10

作詞: 조윤경
作曲: Daniel “Obi” Klein / Charli Taft / DEEZ
編曲: Daniel “Obi” Klein / DEEZ

続けてトラップ風味入ってますがより夢幻的なサウンドのアーバンR&B。

08. About Love

作詞: 1월 8일 (Jam Factory)
作曲: RE:ONE / Davey Nate
編曲: RE:ONE

ソフトでメロウなエレピとギターカッティングに乗せたおしゃれめアーバンポップ。
作編曲のRE:ONEは最近ではGFRIENDの「LIFE IS A PARTY」を手がけていました。

09. 달빛 소리 (Moonlight Melody)

作詞: 이주형 (MonoTree)
作曲: 이주형 (MonoTree) / 권덕근
編曲: 권덕근

ラストはピアノが美しい正統派アコースティックバラード。
おなじみMonoTreeのイ・ジュヒョン作です。レドベルではこれまでに「Take It Slow」を手がけています。

Red Velvet メンバー

左からウェンディ、スルギ、アイリーン、イェリ、ジョイ。

今回のティーザー映像やメンバー写真や歌詞(ハングルのみですが)などは下記のページにどっさりまとまっていますので一気に集めたい方はこちらで!
Perfect Velvet – 나무위키

レドベル新譜記事ここまで遅くなってしまうとは無念……ここ最近本業のほうが忙しくてなかなか書く時間が取れておりません。リリースラッシュだというのに!!
しばらくこんなペースが続くかもしれませんが何卒ご了承くださいませ…

gugudanは2曲目が最高でした(チョココも良かったですが)! Lovelyzやっぱりストリーミング配信されない何故?

Popular Posts

Latest Posts

Tweets