SNSで人気のSEENROOT「Sweet Heart(オッパヤ)」とチャート逆走ヒットの新しい形

(UPDATE )

な~ぬんのるじょあは~ごのるじょあはご

[M/V] 신현희와김루트 (SEENROOT) – 오빠야 (Sweet Heart)

SEENROOT“ことシンヒョンヒとキムルート(신현희와김루트)という韓国インディーズ系の男女2人組ユニットの「Sweet Heart(오빠야/オッパヤ/お兄ちゃん)」という曲。
K-POPに詳しい人や韓国のSNSをこまめにチェックしてる人ならもうとっくにご存知かもしれませんが、最近この曲が大人気です。

音源チャートに登場したのは1月下旬。そこからじわじわと順位を上げて、現在もなおTOP20位内にランクインしているこの「Sweet Heart(オッパヤ)」、実は2015年の2月に発売された2年前の曲。いわゆる「チャート逆走」ヒットです。

実は筆者は最近まで知らなかったのですが、2月の月間チャートにランクインしているのを見て「何だこの変なジャケット…」(参考:379545.jpg)くらいに思ってたら、今月もずっと上位にいるので気になって調べてみたところ、どうやらネットのライブ配信サイトをきっかけに話題となり、突然売れだした模様。

最近では人気K-POPアイドルが真似して歌っていたり、日本でもインスタやMixChannelなどではすでに流行り始めているようで、検索するといろんな動画が出てきます。

曲が良かったからというのはもちろんですが、ヒットした経緯も今の時代ならではの現象として面白いので、ピックアップしてご紹介します。

きっかけはインターネット生配信

IMAGE via BJ꽃님 오빠야 (풀버전) 출처 미러볼뮤직 (구독부탁드립니다) – YouTube

インターネットを通じて個人がライブ配信できるサイトといえば、日本だとニコ生やツイキャス、最近ではSHOWROOMなどが知られていますが、アジア各国でもそういったライブ配信が人気のよう(むしろ日本より早くて進んでいるかも)で、様々なサイトが存在しています。
韓国を代表するライブ配信サービスがAfreeca TV(アフリカTV/아프리카TV)。配信者(BJ=Broadcasting Jockey)が放送を通して収益を得ることも可能になっており、人気のBJになると年収1千万円以上を稼ぐ人もいるそうです。

Afreeca TV

“Afreeca” はAny free casting(誰でも自由に放送)の略。

そのAfreeca TVの人気BJの一人、コトニム(꽃님)が今年1月の配信の中でSEENROOTの「Sweet Heart(オッパヤ)」を歌い、その動画がさらにFacebookなどで拡散された結果、楽曲も話題になり今回のヒットに繋がった、ということのようです。新しい!

コトニムの動画はこちら。
BJ꽃님 오빠야 (풀버전) 출처 미러볼뮤직 (구독부탁드립니다) – YouTube

やはり美人の顔出し配信は人気なのですね…!

逆走行ヒットの多様化

韓国の音楽シーンの話題でたびたび登場する「逆走行(역주행)」や「チャート逆走」という言葉。
音源のデジタル配信が主流になっている現在の韓国では、基本的に音源チャートはリリース直後が一番順位が高くなり、時間が経つほどに下がっていくのが通常の傾向。
それとは逆に、チャートを逆走する、つまり発売から時間が経つほど順位が上昇していくことを「逆走行」と呼びます。

逆走行が起きるには当然何らかの理由があり、例えばアーティストがテレビ番組に出演したことで話題になったり、過去の曲がドラマやCMに使われてリバイバルヒットしたりといった、昔からよくあるパターンももちろん存在するのですが、最近はそれとは別の新しい形でチャート逆走ヒットが生まれることが増えており、注目を集めています。

最初にこの「逆走行」という言葉が広まるきっかけになったのが、ファンが撮影したライブ動画、いわゆるFancam(韓国語では「직캠/チッケム」)がSNSで拡散されたことにより発売数カ月後に大ブレイクした2014年の EXIDUP&DOWN」(トップ100圏外から最終的には1位まで上昇)。

続いて大きな話題になったのは、こちらもFancamをきっかけに雨の中のライブ映像が世界中から注目を集めた2015年の GFRIENDMe Gustas Tu」(活動終了後に再浮上してトップ10入り)。

どちらも一般のファンが撮影した動画がきっかけとなり、SNSによって話題が広がりチャートが動いたということで、従来のテレビやラジオ主動ではない新しいヒットの形として注目されました。

そして今回のSEENROOTSweet Heart(オッパヤ)」は、なんとインターネット生放送の配信者が「歌ってみた」ことがきっかけという、これまた今の時代ならではの流行を反映した面白い現象が生まれています。

テレビ出演をきっかけに大きな逆走行ヒットに繋がった従来型のパターンとしては、最近では頬赤い思春期の「宇宙をあげる」やハン・ドングンの「この小説の終わりをまた書いてみようとして」などが挙げられます。

日本でも最近、ブルゾンちえみのネタで使われたAustin Mahoneの「Dirty Work」(これも2015年の曲)がiTunesチャートを上昇して話題になったりもしましたね! こういった新しい形の「逆走行」ヒットが、今後はさらに増えてくるのではないかと思います。

SEENROOT(シンヒョンヒとキムルート)とは?

#신현희와김루트

A post shared by 신현희와김루트 / SEENROOT (@officialseenroot) on

SEENROOTことシンヒョンヒとキムルート(신현희와김루트)は、2012年に結成された男女2人組のアコースティックポップユニット。

2013年の春頃から弘大を中心に路上やライブハウスなどでの活動を開始し、2014年にMirrorball Musicからファーストシングル「CAP SONG(캡송)」をリリース。
2015年に現在ヒット中の「Sweet Heart(オッパヤ)」を収録したミニアルバム『シンヒョンヒとキムルート』、2016年には1stフルアルバム『SEENROOTのワンダーランド(신루트의 이상한 나라)』をリリースしている他、OSTなどでも活躍しているようです。

キャッチコピーは「ギトンチャン・オリエンタル陽気アコースティック・デュオ(기똥찬 오리엔탈 명랑 어쿠스틱 듀오/Fantastic oriental cheerful acoustic duo)」。

「ギトンチャン(기똥찬)」は大邱の方言で、「奇抜な」「特別な」みたいな意味だそう。

今回のヒットをきっかけにテレビ番組などにも出演しており、「頬赤い思春期に続く次世代インディーズバンド」として期待と注目を集めています。

[Special Clip] SEENROOT(신현희와김루트)_Sweet Heart(오빠야)
今年のバレンタイン向けにK-POPチャンネル「1theK」で公開された「オッパヤ」のスペシャルクリップ。面白いです。

SEENROOT メンバープロフィール

左:キム・ルート、右:シン・ヒョンヒ

シン・ヒョンヒ(신현희)

メインボーカル、ギター、リコーダーを担当。1993年生まれで血液型はB型。個性的なファッションの金髪ショートカット。好きなアーティストはジャニス・ジョプリン、ジョニ・ミッチェル、コールドプレイだそう。

キム・ルート(김루트)

ベースとサブボーカル担当。ロン毛に丸眼鏡が特徴で、ニックネームは「合井洞(ハプチョンドン)のジョン・レノン」。

プロフィール情報出典・参考:신현희와 김루트 – 나무위키

SEENROOTの作品はAppleMusicでも配信されています。

「Sweet Heart(オッパヤ)」を収録(2曲目)したファーストミニアルバムはこちら。

こちらは2016年リリースのファーストフルアルバム。

「オッパヤ」以外にも良い曲あります。

[MV] SEENROOT(신현희와김루트) _ He and Me(그 와 나)

韓国インディーズ系はなかなか日本に入ってくる情報が少なく、筆者もチェックが遅れてしまいがちですが、面白いアーティストがいろいろ出てきますね!
今後もできるだけ取り上げて行きたいと思います。

Popular Posts

Latest Posts

Tweets