ZICO(ジコ)とは!?才気あふれる韓国の若手ラッパー「サマソニ2016」出演決定

(UPDATE )

「SUMMER SONIC 2016」に韓国から2組のアーティストが出演

지코 (ZICO) – VENI VIDI VICI (Feat. DJ Wegun) MV

今年は8月20日~21日に開催される「SUMMER SONIC 2016」。
国内外の豪華な出演アーティストが続々と発表されていますが、韓国からも、ZICO(ジコ)とhyukoh(ヒョゴ)の二組が出演することが先日発表されました。

ZICO(ジコ/지코)はHIP HOP系アイドルグループ「Block B」のリーダーで、ソロでも活動しているラッパー。作詞作曲からプロデュースまでを行う、才能あふれるアーティストです。
ZICOは21日の東京会場BEACH STAGEに出演。

hyukoh(ヒョゴ/혁오)は2014年の秋にデビューした4人組のロック・バンドで、おしゃれで洗練された楽曲と深い歌詞が韓国の若者の心を掴み大ブレイク。2015年秋には来日公演も行っています。
hyukohは20日の大阪会場NEW STAGEと、21日の東京会場BEACH STAGEに出演します。

ともに要注目の二組ですが、ここではZICOについてご紹介します。
リーダーを務めるBlock Bの最新作も先日リリースされたばかりで大ヒット中。また、多くのソロ作品が音源チャートで長期に渡ってランクインを続けており、今こそ絶対に見逃せないタイミング。チェックはお早めに!気になったら、観に行きましょう!

※「SUMMER SONIC 2016」のチケット一般発売は5月28日(土)から!
詳細はこちら:SUMMER SONIC 2016

ZICOのプロフィール

지아코さん(@woozico0914)が投稿した写真

ZICO(ジコ/지코)

本名:우지호(ウ・ジホ/Woo Ji-ho/禹智皓)
誕生日:1992年9月14日
出身地:大韓民国ソウル特別市
血液型:O型

7人組アイドルグループ「Block B」のリーダーでメインラッパー。ほぼ全ての曲を作詞・作曲・プロデュースしている。

日本に留学経験があり、「ジコ」というステージネームはその時に友達が付けてくれた愛称とのこと。本名「ジホ」の「ジ」に、日本の女の子の名前に付く「子(コ)」をくっつけたものらしいです。
参考:지코(블락비) – 나무위키

ZICOはBlock Bでデビューする前から音楽活動をしており、同級生のパクキョン(Block Bのメンバー)とともに하모닉스(ハーモニクス)というラップユニットを結成して活動していました。2009年にはデジタルシングル「The Letter」を発表しています。
また、Block Bの活動と並行して、釜山のヒップホップクルーBuckwildsに参加しアンダーグラウンドなHIP HOPシーンでも活動していたようです。

Block Bについて

블락비 (Block B) – Very Good (Maximum Close Up Ver.) MV

Block B(ブロックビー/블락비)は、ラッパーのチョPD(ChoPD)がプロデュースする「HIP HOPアイドル」として結成された7人組のボーイズグループ。
2011年4月14日にシングルアルバム『Do U Wanna B?』(タイトル曲は「Freeze!」)でデビューしました。
Block B(블락비) _ Freeze!(그대로 멈춰라!) – YouTube
当時から既にZICOは作曲とプロデュースに参加しています。

6月23日に1stミニアルバム『New Kids On The Block』を発表。

デビュー前から、チョPDがプロデュースしたという話題性と、2年間の下積み活動や、ZICOがソロで発表したミックステープなどで、ヒップホップファンからの期待度が高かったBlock Bですが、実際デビューしてみるとかなりアイドル色が強かったこともあり、当初はなかなか大きな反響は得られず。

ZICOはもともとプロデューサーを目指していたそうですが、アイドルグループとしてデビューしたことに関し、当時の日本の雑誌「ぴあ」のインタビューで答えています。

僕たち、アイドルですよ。元々はプロデューサーや、ラッパーとして活動したいと思っています。でも今の年齢でしかできないことを考えたらアイドルだった。アイドルを経験しておけば後にプロデューサーになったときにも役に立つとおもうんです。目標はソテジ先輩とG-Dragon先輩です。[INT] 110703 Pia Magazine New Comer Interview – Block B International

しっかりしてますね。

しっかりしてますが、Block Bは基本的には「ワルガキ(悪童)」風コンセプトのやんちゃなグループで、実際に問題発言や歌詞の内容で騒動を巻き起こしたことも……

2012年2月にセカンドミニアルバム『Welcome to the BLOCK』、10月にはファーストフルアルバム『Blockbuster』を発表。次第にヒップホップ色が強まり、人気もアップしていきました。

その後、所属事務所とプロデューサーのチョPDともいろいろあって、2013年からSeven seasonsという自分たちの新レーベルに移籍。
2013年10月2日に発表した1年ぶりの新曲「Very Good」で初の音楽番組1位を獲得。徹底的に「ワル」さを強調したイメージで存在感をアピールします。
블락비 (Block B) – Very Good MV – YouTube

2014年7月に4thミニアルバム『HER』を発表。「Very Good」から一転、明るく陽気な雰囲気で、アイドルらしさも忘れていません。

そして2014年後半から、ZICOが本格的なソロ活動を開始。
Block Bとしては、2015年1月21日に日本デビュー作となる「Very Good」の日本語バージョンを発表し、日本での活動もスタートしました。

ZICOの作品をチェック!

지코 (ZICO) – Tough Cookie (Feat. Don Mills) MV

2014年11月7日、デジタルシングル「Tough Cookie (Feat. Don Mills)」で本格的なソロデビューを果たしたZICO。
歌詞もMVもひたすら挑発的なトラップで、フィーチャリングされてるDon Millsも怖い怖い…しかし後半の畳み掛けるようなラップのカッコ良さ!

지코 (ZICO) – Well Done (Feat. Ja Mezz) (Official Video)

2015年2月13日にセカンドシングル「Well Done (Feat. Ja Mezz)」を発表。
これまでの自身の活動を振り返る自伝的な内容で、音も渋めのジャジー・ヒップホップ(てかアシッド・ジャズ感!)になっています。
そして見事「Well Done」は主要音源チャートで1位に。

[MV] 효린, 지코, 팔로알토(Hyolyn, Zico, Paloalto) _ 다크팬더(DARK PANDA)

2015年8月26日には、SISTARのヒョリンPaloaltoとのコラボレーションによるシングル「DARK PANDA」を発表。
エレクトロ要素も入った夢幻的なR&Bヒップホップになっています。

지코 (ZICO) – 말해 Yes Or No (Feat. PENOMECO, The Quiett) MV

2015年10月19日にリリースされたシングル「言ってよYes or No」は再びトラップ路線。

지코 (ZICO) – Boys And Girls (Feat. Babylon) MV

2015年11月3日には、シンガーソングライターのBabylonをフィーチャリングした「Boys And Girls」のMVを公開。2曲入りのシングルアルバム(カップリングは「날(Feat. JTONG)」)としてリリースされました。
水着ギャルズ満載の夏パーティーなMVは済州島で撮影。これまでになく明るくポップな楽曲で、多才ぶりを見せつけてくれます。

そして2015年12月7日には、6曲入りのミニアルバム『GALLERY』をリリース。

지코 (ZICO) – 유레카 (Feat. Zion.T) MV

タイトル曲「エウレカ(EUREKA)」には個性派アーティストのZion.Tをフィーチャー。ラテン・アーバン風のメロディが印象的なエロエロ路線のヒップホップです。
音源チャートでも、PSY、TTS、hyukohといった強者を抑えて堂々の1位に!

지코 (ZICO) – 오만과 편견 (Feat. SURAN) MV

こちらもアルバムから、女性ジャズシンガーのSURANが参加した「高慢と偏見(오만과 편견)」のMVも話題に。アメリカ・オレゴン州ロケによる美しい映像です。

ミニアルバム『GALLERY』には「EUREKA」、「高慢と偏見」の他、これまでにシングルとしてリリースした「Boys and girls」、「言ってよYes or No」、「날(Feat. JTONG)」、そして全編ZICOのラップによる「VENI VIDI VICI(Feat.DJ Wegun)」(MVはこの記事の一番最初に↑↑)が収録されています。

「VENI VIDI VICI」はラテン語で「来た、見た、勝った」の意味で、古代ローマの将軍カエサル(シーザー)の言葉とされています。

2016年1月25日には2曲入りのスペシャルシングルアルバム『Break Up 2 Make Up』をリリース。

지코 (ZICO) – 너는 나 나는 너 (I Am You, You Are Me) MV

1曲目の「あなたは私、私はあなた(I Am You, You Are Me)」は、またしても新たな才能の一面を見せるアーバンなR&B。浮遊感のあるトラックも素晴らしい!
MVで共演している女の子はモデルのイ・ホジョン

지코 (ZICO) – 사랑이었다 (Feat. LUNA of f(x)) MV

そしてもう1曲は、なんと全編通してf(x)のルナがヴォーカルを務め、ZICOの声は一切登場しないという、美しいワルツバラード曲「It was love(愛だった) 」。
さらにMVには元AKB48の篠田麻里子が出演!と、話題性盛り沢山の作品です。

ダブルタイトルという形でリリースされた『Break Up 2 Make Up』もしっかり音源チャート1位に。完全に勢いが止まりません。

そしてBlock Bは大人に…

블락비(Block B) – 몇 년 후에 (A few years later) Official Music Video

2016年3月28日に、Block Bとして1年7ヶ月ぶりとなる新曲「A few years later(数年後に)」がアルバムからの先行曲として公開され、落ち着いた雰囲気と美しいメロディが話題に。
ワルガキのイメージを卒業した大人な方向性は概ね好評で、カムバック活動前にして「人気歌謡」で1位を記録。
そして4月11日に、5thミニアルバム『Blooming Period』とタイトル曲「Toy」のMVを公開してカムバック。

블락비(Block B) – Toy Official Music Video

Toy」もまたエモーショナルなメロディの美しい楽曲で、ありとあらゆる音楽配信チャートで1位を記録。
確実に成長した姿を見せつけてくれたのでした。

今後も目が離せない!

ソロ活動を通してプロデューサーとしても大きくレベルアップしたZICO。
他アーティストへの楽曲提供やフィーチャリング参加も精力的に行っており、今後もますます目が離せない存在になっていくのは間違いなし!

アイドルでありラッパーでありアーティストでありプロデューサーでもある、そんなZICOの活躍、追うなら今ですよ!

個人的に、活動に向かう姿勢もとても信頼できるというか、インタビューでの発言が毎回好感度高いので、彼のことが気になりだした方は是非こちらのインタビューもご覧下さい。
Block B ジコが語る本音「可愛いイメージが嫌か?そんなことはない、僕はアイドルだから」 – INTERVIEW – Kstyle
Block B ジコ「予想外れのものを見せたかった」…1stミニアルバム「GALLARY」鑑賞会を開催(総合) – Kstyle

Popular Posts

Latest Posts

Tweets